5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【FEP】 PC死語辞典 第二版 【EMS】

1 :名無しさん:03/11/07 23:58
若いヤツには理解不能。
おっさんの昔話に出てくる数々の死語たち。
その第二版。

前スレ
【EDO】 PC死語辞典 【松茸】
http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/pc/1047716757/


2 :名無しさん:03/11/08 00:03
ボツスレタイ
【FEP】 PC死語辞典 第二版 【ディレクトリ】
【EMS】 PC死語辞典 第二版 【P1-EXE】
【メインメモリーが】 PC死語辞典 第二版 【不足しています】
【Out of memory】PC死語辞典 第二版 【OK】
【how many】PC死語辞典 第二版 【files?(1-15)】
【コアメモリ】PC死語辞典 第二版【水銀遅延線】
【BASIC】PC死語辞典 第2版【SASI】
【1バイトは】PC死語辞典 第二版 【6ビット?】
【パピコン?】PC死語辞典 第二版【六本木?】
【FEP】 PC死語辞典 第二版 【ODP】
【コマンドまたは】 PC死語辞典 第二版 【ファイル名が違います】
【FireWire】 PC死語辞典 第二版 【Bluetooth】
【EDO】 PC死語辞典 第二版 【SIMM】


3 :前スレの1:03/11/08 03:53
お、立ててくれたのね。
ありがとう、

4 :名無しさん:03/11/08 08:26
9801 9821も死語になりそうだな
98ってNXと勘違いしてる馬鹿者もいるし

5 :名無しさん:03/11/08 09:42
知っている人から見たら馬鹿者だろうけど、
目に付く範囲で98とあったらNXが付いているという
経験しかない人も結構多いのだろうな。

6 :名無しさん:03/11/08 21:15
お、次スレたってたのか、乙>>1

7 :名無しさん:03/11/09 07:45
>>4>>5
最近の人だと「98」というと、「Windows 98」のことと思ったりして。

8 :名無しさん:03/11/09 10:02
頼むから、Windows98のことを「キュ〜ハチ」と発音するのはヤメてくれ・・・
死語じゃないのでsage

9 :名無しさん:03/11/09 17:28
誤解されたくないんで、「NECのキューハチ」とか言ってしまうなあ。

10 :名無しさん:03/11/10 03:05
86音源ボード
FM音源とPCM音源を搭載したPC-9801シリーズ用の音源ボード
たしか、MIDIとジョイスティックのインターフェースを持っていたような・・・。

11 :名無しさん:03/11/10 20:40
>>10
MIDIの端子は付いてないぞ。

12 :名無しさん:03/11/10 20:50
昔は表計算ソフトをスプレッドシートって言ってなかった?

13 :名無しさん:03/11/10 21:17
ロータス インプロブ
Windows95時代に出た新世代の表計算ソフト、だったらしい。
話題にならず、バージョンアップされずに消えた。


ジャストシステム インターネットブーメラン
ブラウザのキャッシュやメール、自作の文書データ等を蓄積し、文章解析することで、
ユーザーの最も欲しいデータを取り出すことができるようになるソフト。
データは自分で蓄積しないとならない為、個人ではよほど文書データが無い限りもてあます。
コンセプトは良いが、使い道が非常に難しい。

表計算ソフトの「三四郎」、データベース「五郎」、DTP「大地U」と同様に最近バージョンアップが無い。
多分、捨てられた。

14 :名無しさん:03/11/10 22:44
>>12
昔は、なのか?
英語圏での呼称だと思うんだが。

ところで、前スレはきちんと埋めましょう。

15 :名無しさん:03/11/11 04:46
>12
今でもスプレッドシートといいます。意図的に"Excel"という商標名を外して
表現したいときに、「表計算ソフト」とどちらかが使われます。

>13 ブー。結構ハズレw
ImprovはWindows3.1以上で駆動。
現在類似の機能を実装しているのはExcelのピボットテーブル。
インターネットブーメランは元々「コンセプトベース」という日本語全文検索エンジンのサブセット版。
現在も企業向けとして販売中、バージョンアップが進んでいるよ。
フリーのNamazuなんかに押されてるけどね。
三四郎はXP対応として修正されたマイナーバージョンアップ版が出た。
大手量販店の表計算コーナーにはLotusのソフトと一緒に寂しく並んでるよ。

早めに「NEC丸紅モデル」も見出し語に加えておいてちょ。

16 :名無しさん:03/11/11 16:10
ここでは9821は死語になってないだろうな。
すぐに音源の誤り突っ込み来るくらいだし。
漏れは実際に今でも9821使っているよ。
条件付ではあるが、なかなか使える。

17 :名無しさん:03/11/12 04:40
これはどうだ。
Jazz

糞メディア

18 :名無しさん:03/11/12 19:07
Intel Web Outfitter

イソテルがPentium!!!発表時、販促のため開設したP!!!ユーザーのみを対象にした
コンテンツサービス。
当初はTVCMを打つなど大々的に宣伝したが、中身が伴わなかったこともあっ
ていつの間にか自然消滅した。


19 :名無しさん:03/11/12 19:55
死語ではないが

K6-3

K6-2とクロック大して変わらんのと、
アスロンへの移行で板ばさみなって、AMDファミリーでも影が薄い気がする。
同クロックなら場合によってはアスロンを凌駕していたような・・・。

20 :名無しさん:03/11/12 21:43
>>19
PC-98ユーザーの間ではあこがれの存在だったんだけどね。

21 :名無しさん:03/11/12 21:58
>>17
ZIPはどうよ?

>>19
漏れはK6Vの強化版としてL2 512KB、クロック1GHzくらいに新化させて欲しかったな。
採算が合わんか…。
AMDのアスロン移行はイソテルの横暴と勝手に決め付けていたりする。

22 :名無しさん:03/11/13 00:25
clik!はどうよ?

…その前に普及すらしてないか。


23 :名無しさん:03/11/13 00:28
ZIPは結構売れたから、まだ生き残ってるんじゃないの?
他にSparQとかSharkとかいくつかあったね。

24 :名無しさん:03/11/13 01:18
>>23
100MBのZIPメディアは近所でもまだ売ってるよ。
使用者は一応いるみたい。

25 :◆cplnFO9T0I :03/11/13 15:27
>>21
800Mhzを出してほしいな。

26 :名無しさん:03/11/13 16:38
サイクエストはどうよ?

27 :名無しさん:03/11/13 17:17
Zipっつーと”死のクリック”ですな。

数百MBクラスのリムーバブルストレージに関しては、
信頼性の高さでMOの右に出るものはなかった。

90年代初頭、西海岸のデザインスタジオとデータをやりとりするときに
Zipではしょっちゅう破損してまた送り直し…になっていたのだが、
こっちからMOドライブをメディアを山ほど送りつけてやったら
それ以来エラーに悩まされることはなくなった。

毛唐のデザイナーたちも「こっちでもMOを売ってくれれば
躊躇せずに使うのに」と評判は良かった。

ジャパニーズスタンダードマンセー


28 :名無しさん:03/11/13 17:21
ユビキタス

20年ほど前に何処かのオヤジが提唱したコンピュータの理想世界。
ユビキタスはラテン語で「いつでも・どこでも」と言う意味で、
コンピュータを意識せずにいつでもどこでもネットワークが使用できると言った内容だった。
また、この理論を提唱した時にはPDAはユビキタスネットワークに参加できるツールではなかった。
まさかPDAでネットができるとは思っていなかったようだ。
現在はPDAも携帯もユビキタスなツールの一種である。

29 :名無しさん:03/11/13 17:36
MO
Zip
HS
Jaz
PD
SyJet
EZFlyer

色々ありましたねぇ

30 :名無しさん:03/11/13 18:15
ISAバス
VLバス
Cバス
懐かしいなぁ

31 :名無しさん:03/11/13 18:23
初めてインターネットに接続したのは
ピープルとかいうBBSからのゲートウェイサービスだったかな
ピープルってどうなったんだろうか。

そのときはプロバイダーって言ったらベッコアメくらいしか選択肢が
なかったような気がする。

32 :名無しさん:03/11/13 18:49
>>28
死語ちゃうやん。
むしろこれから伸びる分野だよ。

どこかのオヤジって、もしかして坂村の健ちゃん?
俺的に、彼は生まれるのが10年早いか10年遅いかのどっちかだったら良かったのに、と思う。

33 :名無しさん:03/11/13 18:58
>初めてインターネットに接続したのは
>ピープルとかいうBBSからのゲートウェイサービスだったかな

漏れは当時の職場がIP reachableでなかったので、帰宅後に自腹でNiftyServeの
FTPサービスを使って、GNU toolsのアーカイブを取り寄せてたよ…93年頃の話。

このFTPサービスってのが食わせ物で、リクエストを発行してからまずNifのサーバに転送されてくるまで待ち、
先方-Nif間の転送が終わってからNifから自分のマシンへ…と時間が2倍かかる罠。しかも従量課金。


34 :名無しさん:03/11/13 19:01
>そのときはプロバイダーって言ったらベッコアメくらいしか選択肢が
>なかったような気がする。

94年頃、Win3.1全盛期は、貧乏人と厨はベッコアメ、shellの使えるオタク野郎はRimnet、というのが相場だった。

ブラウザはMosaicもまだ現役で、先進的なWebサーファー(死語)はNetscape Navigatorを
ショップでパッケージで購入するのが、ネットワーク意識の高さを示す一種のステイタスだった。

当時の通信手段はダイヤルアップのみでフレッツもテレホーダイもなく、市内で3分10円の従量制。
それにISP代がこれまたほとんどの場合従量制で別にかかるという、家で一日のんびりネットなんて生活は
夢物語のような時代だった。大学でさえまだ9600bpsでUUCPなんてのがザラだったし。

そんな時代、下々の者は時間・転送バイト数効率の悪いWeb/FTPに自宅から繋ぐことは極力避け、
インターネット喫茶店で入店料に込みのフリーのコーヒー一杯で何時間も粘っては、何MBもFTPして
フロッピーに落としまくっては店主に煙たがられる、という日常を送っていた。

95年頃にASCIIがInternetFreewayという無料プロバイダを始め、漏れは自宅からはそれで繋いだ。
専用クライアントを実行させ、そこに表示される広告料で運営、というビジネスモデルだったが、
まあ現存していない事からもわかるように、1年もたないくらいで本業のASCII-NETを道連れに潰れた。

その頃にはダイヤルアップ可能なISPも結構ぽこぽこ出て来ていたので、選択に迷うくらいだった。
インプレスのインターネットマガジンの付録のネットワーク接続図が毎月物凄い勢いで増殖していた。

そして、ISPによって軽さや実効帯域には大きな差があり、ベッコアメは粗悪プロバイダの代名詞、
Rimnetも古参ISPだけにヘビーユーザーどもの作ったWebページのCGIやスクリプトが裏で動きまくって
クソ重いだけの従量制プロバイダに成り下がり、これらの草分けISPはもはや
「真っ先に避けるべきプロバイダ」の筆頭になっていた…。

夜11時〜翌朝8時までの時間の電話代を定額にできるテレホーダイが登場したこともあって、
昼夜逆転の生活が当たり前になり始めたのもこの頃から。


35 :名無しさん:03/11/13 20:06
>>21
Pen3を凌ぐぐらい性能上がったのがインテルの怒りに触れちまったかね。

VIAがインテルの怒りに触れたら、Cyrix3もソケット370を追い出されるんだろうか・・・。
今となっては「焼き鳥」さえ死語になりつつあるような気がする。


36 :名無しさん:03/11/13 22:34
>>34
インターQってその頃だっけ。
俺はお試しで使ったっけ。現在RIM。
RIM-NETも運営母体がInter.Net(インタードットネット)なんて名前に。

37 :名無しさん:03/11/13 22:49
>ブラウザはMosaicもまだ現役で、先進的なWebサーファー(死語)はNetscape Navigatorを
>ショップでパッケージで購入するのが、ネットワーク意識の高さを示す一種のステイタスだった。

おいおい、ネスケは昔からフリーだろ?
人から聞いた話をそのまま右から左で昔話してんじゃねーよ。

ま、知らずにウソも流すから、こうやってバレて恥をかく訳だわな。


38 :名無しさん:03/11/13 22:53
>>37
釣り?

39 :名無しさん:03/11/13 23:04
>37
回線細いから、どっちみち店売りorCD発注(今もやってる)にせんと、誰も買えんと思うが・・・。

40 :名無しさん:03/11/13 23:22
ネスケの4以降から入った人なんだろう。

41 :名無しさん:03/11/13 23:23
無料プロバイダは死語かもな

livedoor!も逝ってしまったし


42 :名無しさん:03/11/13 23:23
ネコミ4にも体験版とかがあったような気がする。

43 :名無しさん:03/11/13 23:28
>>41
使ってるって

44 :名無しさん:03/11/13 23:44
ダイヤルアップでプロバイダー料金払ってるやつのほうが珍しいと思うが。
無料ISPは電話代<ADSL月額料金のやつにとってはメリットあるし。
ダイヤルアップ有料プロバではプロバ代に加えて電話代もかかるという最悪
の選択で全くメリットなし。(テレホ・フレッツと併用を除く)

45 :名無しさん:03/11/13 23:54
>おいおい、ネスケは昔からフリーだろ?

昔、1.xや2.xはパッケージ売りされていたし、オンライン版はシェアウェアだった。

現在と比べれば遥かにコンパクトだったブラウザも、当時の回線事情ではいわゆる”大物”で、
ダウンロードに要する時間および回線利用料を考慮すると、パッケージの価格は必ずしも高価ではなかった。

とはいえ実際にはパッケージ版のシリアルチェックやオンライン版の期限・コードチェック等はなく、
違法コピーをしたければいくらでもできたし、オンライン版を無料で使い続ける事もできた。
事実そうやってタダで使う奴は少なくなかったし、MicrosoftがIEで攻勢をかけ始めてからは
わざわざ金を払ってまでネスケを使う奴は、少なくとも漏れの周囲では一人(漏れ)しかいなかった。




46 :名無しさん:03/11/14 00:10
>インターQってその頃だっけ。

InterQは、Win95以降だったと思う。実質的には96年〜かな。

プロバイダとしての品質はお粗末だったが、簡単にアカウントを作って接続できたため、
現在の2chようなメガBBSが主流になる以前の細々としたWebBBSの世界では、
書き逃げ専用ISPとして悪用されることもしばしばだった。

>俺はお試しで使ったっけ。現在RIM。
>RIM-NETも運営母体がInter.Net(インタードットネット)なんて名前に。

結局、純粋なインフラ業ってのは、儲からないんですよね。
ベンチャーとして起業しても、小さくまとまってそこで安穏としてしまったら、
いずれ競合他社との体力勝負ですり潰されるか、そこそこうまくやっても
末路は大資本に買収されるかで。

SoftBankがYahoo!BBで赤字を垂れ流しても必死で営業活動をやっているのは、
汚い真似をしても最大シェアを取ってから業界を牛耳ろう、という魂胆から。
そこまで汚い商売をするつもりでなければ、インフラ商売で儲けられる余地は無い…。

そんな漏れは、ダイヤルアップからADSLまでずっとAT&Tを使っていますた。
月額2K円で、ダイヤルアップ時代はテレホ時間帯でも転送速度は物理帯域まできっちり出たし、
接続品質に関してはIIJ4Uに勝るとも劣らない、隠れた良ISPですた。

そんなAT&T Worldnetも、今ではAT&Tの資本が抜けて、名前が変わってしまっているらしい…。


47 :28:03/11/14 01:23
>>32
>坂村の健
違いますよ。
マークワイヤーとか言う外人だったかな?うろ覚えでスマソ。

>むしろこれから伸びる分野だよ。
確かにこれからブルートゥースや無線LANの性能向上で確実に伸びていく分野でしょう。
でも本来の彼が構想した世界とは若干ずれていますし、
「ユビキタス」なんてPCご趣味の人以外は誰も知らないんだろうな・・・。と思ったので入れました。
それに生活に浸透していくうちに言葉を意識せずに使うようになるでしょうから。
って自分で書いときながら突っ込みどころ多すぎ。

48 :名無しさん:03/11/14 14:29
>>47
「専門の人や好事家しか知らない」のと「死語」とは違う。

49 :名無しさん:03/11/14 15:49
>>44
最近じゃ、1MのADSLという安いプランもあるしな。
テレホーダイ、フレッツISDNは滅亡寸前だろう。


50 :678:03/11/14 17:03
Wizard98
ディスクコピーソフト!
これでプロテクトを外す輩が続出。ある意味で元祖。
記憶が定かではないが、当時女子高生が作成したソフトだったような・・。


51 :名無しさん:03/11/15 00:04
>>45
個人で使う分にはフリーとか言う方針じゃなかったか>ネスケ

52 :名無しさん:03/11/15 00:05
>>35
怒りではなく、焦りだとおもう。
あんなんで怒れられたらイソテル大人気無い。
それよりも同じ土俵で健全な競争をやって欲しかった。

53 :名無しさん:03/11/16 10:11
玲於奈とかは?
2穴プロテクト

FDD使わないと判らんだろうな....

54 :名無しさん:03/11/16 12:19
「ユビキタス」は「日経用語」である時点でかなり死語だと思うがな。

55 :名無しさん:03/11/16 18:03
>>54
日経用語は全部死語なの?
日経用語が何か分からんけど。
プリズムとか?

56 :名無しさん:03/11/16 22:35
たとえは古いが、ルーズソックスがイトーヨーカ堂の店内に並ぶ頃には既に下火になっている
様なもんだろ

57 :名無しさん:03/11/17 00:49
指キタすって流行語対象にノミネートされるのかな?
おっさんが好んで使うわけの分からん言葉に過ぎないような気もするけど

58 :名無しさん:03/11/17 01:59
そもそも死語って、流行語の対語って訳でもないだろうと思うんだが。
真面目にユビキタスの研究をしてる人もいるし、
カタカナ語に疎いおっさんに使われただけで死語扱いは違和感ある。

59 :名無しさん:03/11/17 05:46
死語イコール使われなくなったハードやソフトではないから、
今まで出てきたのも相当おかしい
堅いこと言わずに気楽にいこうや

60 :名無しさん:03/11/17 19:27
昔ログイソに死語いくつか載っていたよ。覚えている限り書かせてもらいますね。
・六本木パソコン
・ナイコン⇔アルコン(対義語)
・バブコム/バブルメモリ

……あまりおぼえていなかったり、禿しくがいしゅつものだったり(汗
スレ汚しでスマソ。

61 :名無しさん:03/11/17 21:56
「みかか」「みいそ」は死語だろう

激しく既出の予感がするが

62 :名無しさん:03/11/17 22:16
MSXのソフトのケースの裏に 「ブロードバンド」 って書いてあった

死語に近い機種のソフトに書いてある言葉としては.......
MSX MSX2 MSX2+ MSXR の違い知っているの居るんだろうか?

63 :名無しさん:03/11/17 22:58
>>62のブロードバンドで思い出した!!

ブローダーバンド

64 :名無しさん:03/11/17 23:13
どっちかっつーと ブローダーボンド じゃないかなぁ。

65 :名無しさん:03/11/18 02:24
ブローダーバンドのロードランナーとか?

66 :名無しさん:03/11/18 07:34
古くはチョップリフターもそうだっけ。
ところで>>64のブローダーボンドの方が判らん。解説プリーズ。

67 :名無しさん:03/11/18 09:59
>>62
MSX2+でFM音源付き(違ったかな?)
MSXRってCPUにR800(下位へ対して互換性のある16bit)を使ったTurboRって言うことはわかるけど…。
MSX2になったときの違いってクロックが上がったとか、メモリが増量になったとか、くらいなの?

今のマシンの仕様変化に比べれば穏やかで分かり易いほうだった。

↓誰かMSXの説明を書いてください(スレの充実を目的とする他力本願スマソ)

68 :名無しさん:03/11/18 14:57
ハイレゾリューション(ハイレゾ)
いまいち定義がわからんけど、640×480のことだったような。
98は640×400だったから。

スーパーインポーズ(FM77AVシリーズだったっけ?)

リターンキー
未だにこう呼んでいる。通じないことはないけど、たまに間違ってるって
指摘され、パソコン経験の差を感じるんだが。
今の連中は「エンター」って言ってる。

69 :名無しさん:03/11/18 15:19
Macのキーボードにはreturnって
書いてあるから間違いとは言い切れないかと

70 :名無しさん:03/11/18 15:32
>>69
そこの部分だけマックは親近感が持てるな。
だけどReturnって書いてあるの文字キー側かテンキー側のどちらかだけだと思ったけど。
反対側にはEnterって書いてあったような気が。

71 :名無しさん:03/11/18 16:52
>>68
昔の8ビット機は640*200ドットが普通だったので
98の640*400でもじゅうぶんハイレゾだぞ


72 :名無しさん:03/11/18 18:42
>>71
PC-98用のCRTには『専用高解像度』って書いてあったし。
640x400表示、水平24.8kHz、垂直56Hz、ドットピッチ0.39mm、長残光タイプ。
これでもちらつきは殆ど感じず、98画面モードの少ない色数のグラデーションもきれいに見えた。
短残光で垂直56Hzで表示させると目の負担が大きかったよ…。
ドットピッチ0.25mmで17インチとか使うと640x400画面モードはモロにドットを感じて不適切と感じた。

73 :名無しさん:03/11/18 19:21
98でハイレゾだと、XL^2(エクセルダブル)の高解像度モードとか。
ドット数は失念。24ドット文字も出せた。

74 :名無しさん:03/11/18 20:07
MSX
CPU:Z80
ROM:MAIN(32KB) MSX-BASIC(32KB)
RAM:8KB
VRAM:16KB 256x192 最大発色数:16
SOUND:PSG3和音8オクターブ

MSX2
ROM:MAIN(32KB) SUB(8KB) MSX-BASIC(48KB)
RAM:64KB(RAMディスク機能搭載)
VRAM:64KB 512x424 最大発色数:256
あとはMSXと同じ

MSX2+
ROM:MAIN(32KB) SUB(48KB) MSX-BASIC(80KB) 漢字ROM(256KB)
漢字機能搭載
日本語キーボード搭載
FDD(2D)搭載
あとはMSX2と同じ

MSX Turbo-R
ROM:MAIN(512KB) 漢字ROM(512KB)
RAM:256KB(RAMディスク機能搭載)
FM音源・PCM音源搭載
あとはMSX2+と同じ

全ての機能は下位互換

75 :名無しさん:03/11/18 20:08
↑間違ってるところは容赦願

76 :名無しさん:03/11/18 20:17
>>73
1150×750
VRAM上は750が936ドット
だと思った。
AXだと1150×720だったかな?

>>74
乙!
思い出したよ。友人がMSX2買ったらMSX2+が出て地団太踏んでいた。
漢字ROMとMSX-DOSシステムディスク買ってきて色々やっていたよ。
MSX2って2DD(720KB?)使えたと思ったけど?
FM音源は拡張しなかったのでエメラルドドラゴンのBGM無しで遊んだみたい。
これってFM音源しか対応していないのかな?

77 :名無しさん:03/11/18 20:19
スマソ、MSX-DOSのシステムディスクと言うのは間違いかも?
ROMで供給されていたかもしれん。

78 :名無しさん:03/11/18 21:11
MSX-DOS1&2は DISKでも供給されていた

MSX Turbo-R
ちなみにGTのROMは
漢字_BASIC 80K
DISK_BASIC 80K
辞書 512K
漢字ROM 256K
MSX_VIEW 496K
内蔵ワープロ 576K
MSX-JE 32K
MSX_MUSIC 16K(PSG,FM,MIDI,PCM)


79 :名無しさん:03/11/19 00:09
>>72
X1turboの400ライン(640*400)もハイレゾ

80 :名無しさん:03/11/19 01:02
ベーマガ(最近まであったようですが。よく21世紀までもったな)

音響カプラ(本当に初期のモデムは、正気で受話器をそのまま置いて使っていたな)

ボー(bpsのこと。漏れが使ってたモデムは300ボーの薄っぺらいNEC製。
   PC−VAN使ってた。記憶が確かじゃないが、すでにモデムはモジュラーでつないでた)

ノーウェイト(言葉間違ってたらスマン。昔使ってたPC-286の売り文句にあった。
       未だに意味は不明だが。漏れの親父が、周りの部品がCPUの速さ
       に追いつけない為に、ウェイトを使ってたとか言ってたが。)

81 :名無しさん:03/11/19 01:08
CPU切り替えスイッチが付いてたのって、V30から286ぐらいまでだったかな。


82 :名無しさん:03/11/19 01:21
べーしっ君

LOGINに連載されていた新井清和氏の4コマ漫画

83 :名無しさん:03/11/19 01:22
>>80
正確にはボー≠bpsなんだが…
(1200ぐらいまではボーとbpsは値が一致するが、それ以上になると違ってくる)

84 :名無しさん:03/11/19 01:22
>>82
そりゃ死語じゃなくて懐かしネタだ(w

85 :名無しさん:03/11/19 04:35
Windows98があったころの雑誌で、
「海外でネットにつなぎたいときには音響カプラが便利」という記事があったけど、
いまはさすがにそういう需要もない?

86 :名無しさん:03/11/19 09:00
>>85
PPPoEがつかえる時代になったらさすがに需要無いだろうね。

87 :名無しさん:03/11/19 17:16
プロセッサシリアルナンバ

88 :名無しさん:03/11/19 17:23
>>68
スーパーインポーズは一応テレビ用語だからなぁ。

>>85
いまはラインチェッカーがあれば足りることも多いからね。


89 :名無しさん:03/11/19 17:26
>>87
この前中古でかった河童PenVで確認してしまったよ。
無用の長物?

90 :名無しさん:03/11/19 19:39
Lモード

91 :名無しさん:03/11/19 23:20
なんか新スレへ移行してから、妙な提示が多いぞ。
死語かどうかよく考えろ。

92 :名無しさん:03/11/19 23:28
>>80
音響カプラとモデムは違うと思うが?

93 :名無しさん:03/11/20 07:56
今時のスタイリッシュ(?)な電話器だと、音響カプラが取り付けられんだろうな。
ま、受話/送話部分がセパレートの奴もあったけど。

94 :名無しさん:03/11/20 22:06
>>93
関係ないけど、初めて88TRを見たとき「これ欲しい!」とマジで思った

# 300ボーの音響カプラ搭載PC

95 :名無しさん:03/11/21 00:42
音響カプラって、高性能でも、特に便利でもないんだけど、
あのいかにも『今から通信するぜ』という雰囲気に惹かれました
結局自分で使うことはありませんでしたが
(漏れは最初は2400bpsモデムだったかなぁ)

96 :名無しさん:03/11/21 01:19
ISDN公衆電話があまり出回ってない時代、オフに出たらカプラとノートパソコン
(PC-9801NS/Eとか初代ダイナブックあたりが現役だった)を持ってオフ先で
公衆電話使ってオフの実況中継していた奴がいたなあ・・・

97 :名無しさん:03/11/21 01:23
失敬、98NS/Eと初代ダイナブックは世代が全然違うな・・・

98 :名無しさん:03/11/21 06:45
98NS/Tなら持ってた

99 :名無しさん:03/11/21 09:49
>>94
PC-8801の型番ってアルファベットの最初の文字にそれなりの理由がついていたんだっけ?
SRのSはStandardかな?
TRのTはTelephoneだということかな。
MRのMは1MBのFDD装備(PC-9801でも同様の傾向があった)かな?

100 :名無しさん:03/11/21 13:06
そういや昔はCGの原画取り込みを、ラップスキャンでやってたよなぁ。
今は1万も出しゃそこそこのスキャナ買えるし、いい時代になったもんだ。

101 :名無しさん:03/11/21 15:13
ラップスキャン!なつかしー!

102 :名無しさん:03/11/21 15:36
ラップスキャンについてご説明おながいします。

103 :名無しさん:03/11/21 16:22
サランラップで(ry

104 :名無しさん:03/11/21 18:16
【ラップスキャン】
紙に原画を描く。
その上にラップを重ね、ペンで原画を写す。
そのラップをモニタに貼り付け、お絵かきソフトでなぞる。


105 :名無しさん:03/11/21 20:27
>>104

久々に「死語」がでたなぁ。

106 :名無しさん:03/11/21 21:18
>>99
TとMはそうだと思う
Sは分からん
Super?

xRの後継機種のxHのHはハイスピードのHだと思う(8MHzのハイスピードモードが搭載された)


107 :名無しさん:03/11/22 22:19
MAG

JPEGは展開に時間がかかるからイヤ、という時代もあった。

108 :名無しさん:03/11/22 22:25
>JPEGは展開に時間がかかるからイヤ、という時代もあった。

286-10MHzだと640x480一枚展開するのに2分近くかかったよ…


109 :名無しさん:03/11/22 23:40
JPEGはフルカラーだからイヤという時代もあった。
漏れのマシンは16色なんだよ〜
GriffonというPC-9801用のJPEGローダあったよ。
グラフィックVRAMを2ページ分交互に表示して色数を見た目でたくさんに見せると言うやつ。
PC-9801は通常はグラフィックVRAMが256KBあるが、640x400ドット16色が標準であり
この場合はVRAMが125KBで済む。残りの部分は未使用だが、もうひとつの独立した画面が構成可能だったと思う。
Griffonはこれを利用したものと思われる。
※漏れはPC-98使用歴は長い(つうか、今でも使っている)が濃い内容のハードウェア知識は持っていないので
間違いがあるかも。そのばあいはスマソ。

110 :名無しさん:03/11/23 01:27
絵の話が続いてるんで。
NAPLPSってもう死語かな。パソコン用のローダもあった。
CAPTAIN等で使われてた画像フォーマット。文字放送もこれか?
そういやCAPTAINも死語だな。「CA?TA!N」とかって綴るんだっけ。

111 :名無しさん:03/11/23 03:09
GriffonやPICloaderは2画面切り替えで見かけ上の色を増やしてたね。

あとはNECが9821を出す以前にEPSONの互換機で256KBのVRAMをフル活用して
1600万色中256色の表示が可能なマシンが何台かあり、これらに対応した専用ローダーもあった。

漏れは実際にEPSONの386Pというマシンを使っていたのだが、386SX-16MHzで
まずJpegをQ0ベタ形式に展開するのに1分、これを256色に減色するために1分以上かかって、
一枚見るのに3分とかかけて見ていた。

当時はMAGやPIの画像が1枚平均2〜30KB台、これがJpegになると50〜100KBにもなって、
2400bpsでダウンロードするにも何分もかかる上に、鑑賞にもさらに時間がかかる…という、
なんとものんびりした時代だった。

後に486GR(486DX2-50MHz)とHyperFrameというフルカラーフレームバッファを導入したときは、
一枚数秒で表示されるJpeg画像の速さに感動したもんだ…


112 :名無しさん:03/11/23 08:38
MSX(R-800 28MHz)でJPEG(640x480)の一枚展開時間は30秒ぐらいでした

>111
エプソン 386-Pとか386-Mかな?

113 :名無しさん:03/11/23 14:12
>>112
漏れは途中でWindowアクセラレータボード入れてWML386.EXEというのを使ってJPEG見た。
使ったアクセラはI/O DATAのGA98-NBUというCLGD5434を使用したやつ。
CRTが古いままだったので多色表示は実感できたけど、鮮やかさがいまいちだった。
今ではフルカラー当たり前なのでそう言う画像見ても感動は薄い。
ちなみにMAGやPIだとアニメ絵が中心だったと思うけど、それなら16〜256色でも遜色なかったり。
草の根ではそう言う画像のやり取りが盛んだったらしい。漏れは接続していなかったけど。

>>112
MSX TurboRのR-800って7.16MHzだと思ったけど。
Z80換算だと29MHz相当って聞いたような気が。

114 :名無しさん:03/11/23 15:28
MSXturboRでJPEGの展開がCPUパワーの割に高速(目安としてはV30-10MHz程度)な理由は、
YJKモードを使用することでYJK to RGBの色変換処理をさぼれるから。




115 :名無しさん:03/11/23 15:54
>>114
YJKモードとやらの詳解キボンヌ。
JPEGならYCbCrじゃなく?

116 :名無しさん:03/11/23 18:58
JpegってのはRGBのマトリクスを輝度と色差に分解して格納する圧縮ロジックで、
展開するときはその逆をやるのだけど、このときYCbCrからRGBへの色変換は
V30やR800程度には荷が重いが、MSXの2+以降のVDPが持つYJKモードってのは
この輝度+色差というフォーマットで、少ないVRAMで多色表示することができ、
YJKへは色変換を省いてそのまま垂れ流す事ができる。

PC-9801用に確か写像とかいう名前で出ていた安価なフレームバッファも同等のロジックで、
Jpegアクセラレータとか言って売っていたような記憶がある。


117 :115:03/11/23 19:22
>>116
解説サンクス。そーいう物もあるんだね。
ってゆーか元レスの人、このスレは「辞典」なんだから解説もしる!

118 :名無しさん:03/11/23 22:16
>>116
へー、JPEGに特化したフレームバッファがあるのか。
そういや3DfxのVoodooにも、それっぽいテクスチャを扱うモードがあるな。
JPEGと同じかは知らないけど、輝度+色差×2のモード。
ん、そろそろVoodooだのPowerVRだのは死語だな。

119 :名無しさん:03/11/23 22:26
VooDooもPowerVRも3D専用だったから普及しなかった。
VooDooはマニアなゲーム野郎がわざわざPCIスロット潰してまで刺した。
しかもSLIとか言って2枚のVooDoo刺したヤシもいるらしい。
2枚刺すことによって劇的な処理速度が得られたかどうかは不明。
漏れは2D描画機能同梱のVooDooBansheeが登場してから入手した。
ほんと言うと3D能力よりも2DのDirectDraw能力が目当てだったりする。

120 :名無しさん:03/11/24 00:20
VoodooのSLIはVoodoo2だけだよね。
VoodooはDirect3Dが普及する以前は3Dゲーム環境の事実上の標準だった。

けどアナログ出力をリレーで切り替える原始的な構造を持っていたため、
高解像度化が進むWindows環境で通常のビデオカードの波形の劣化が避けられない
アドオン形式のゲーム用ビデオカードという在り方そのものが疑問視されるようになった。

そしてDirect3Dへの対応に出遅れ、nVIDIAとのフィルレート競争にも敗れて消え去った。

nVIDIAはDirect3Dへの対応を精力的に行い、OpenGL環境へも対応したために
次第に勢力を伸ばし、DX8ではリファレンスアーキテクチャにまで登りつめた…


121 :名無しさん:03/11/24 00:25
PowerVRはデジタルオーバーレイを使った3Dアクセラレータで、
独自のボクセル分割による高速なラスタライズが売りだった。

デジタルオーバーレイゆえにビデオカードの出力波形の劣化とは無縁だったが、
PCIバスを介して2D描画を担当するビデオカードのDirectDraw性能に依存したため、
2Dビデオカードとの相性や性能に足を引っ張られる形で普及が進まなかった。

PowerVRもまたVoodooと同様に独自の描画ライブラリを持っていたが、
そこに慢心してDirect3Dへの対応を怠り、nVIDIAとの性能競争にも敗れて消えた。

後にSEGAのDreamcastに搭載された3DアクセラレータはPowerVRアーキテクチャによるもので、
扱い易くまたロジック数や駆動クロック数の割には性能も良かったのだが、
SEGAという負け犬企業に採用されたのが運の尽き。…それとも、負け犬同士が挽き合ったのか…?


122 :名無しさん:03/11/25 21:17
>MSX TurboRのR-800って7.16MHz
実クロック28.64MHzですよ

Rは内部にZ-80とR-800が混在してます(コストのため)

123 :名無しさん:03/11/25 21:20
PowerVR→PowerVR2→KIRO→KIRO2 ??


124 :名無しさん:03/11/26 01:05
>>123
KYRO

125 :名無しさん:03/11/26 12:38
>>121
当初はDreamcastはVooDoo採用って言われてた様な記憶がある。
CPUは日立、光学ドライブはヤマハ、グラフィックはNEC(でもないか)と、
国産で固めてるのが面白いと思ったよ、Dreamcast。

126 :名無しさん:03/11/26 13:46
>>125
ドリキャスはWinCEベースだったっけ? Tron使って欲しかったね。

PS2は国産のLSI使っていたって聞いたけど。

127 :125:03/11/26 16:57
>>126
割と誤解されてるみたいだけど、Dreamcast=WinCEじゃない。
WinCE for Dreamcastがあって、それを採用してるソフトもあるってだけ。
だからWinCEはメディア(GD-ROM)からブートする。本体はWinCEと無関係。

128 :名無しさん:03/11/26 23:45
>>127
でも、本体にWindowsCEってロゴ(ry

129 :名無しさん:03/11/27 09:45
昔のPCのFD起動ゲームみたいに必ずしもMS-DOSベースで動作しているわけではない
それと同じってことかな?
しかしドリキャス時代ならプラットフォームを整備しないとゲーム開発も困難だと思われ。

130 :名無しさん:03/11/27 16:56
まー似てるけど、要はOSは一種類じゃないってことだ。

131 :名無しさん:03/11/27 17:10
>>120
実はVoodooのSLIもある。日本じゃ全然知られてないメーカーが作ってた
ひょっとしたら製品化されてないかもしれんけど

132 :名無しさん:03/11/27 17:20
いや違った有名だった。確かQuantam3Dがやってたか< Voodoo1 SLI
あのころは3dfxの子分的な会社だったよな

133 :名無しさん:03/11/28 02:28
>>128
まぁ、Windowsロゴが入った機械でLinuxも動かせる訳で。
DreamcastのはWinCE Ready位の意味なんじゃないかな。
そうでなくても、Microsoftって名前をそこら中に出すのが好きな会社だし。

俺、一応Dreamcastで開発をした事あるけど、WinCEは使わなかった。

134 :名無しさん:03/11/28 09:55
DreamcastでWinCEを採用しているソフトは、電車でGO!2とか。
起動時にロゴが出るよ。


135 :名無しさん:03/11/28 10:07
>>133
M$はドリキャス関連のスポンサーだったのかな?
Win関連で利益を搾り取っているからその方針は懸命だと思われ。
糞箱で赤字垂れ流すような愚行は止めて欲しいよ。マジで。
セガは提携好きなのは有名だったらしいね。
セガファルコムとかっていったい…?

136 :名無しさん:03/11/28 17:31
ちょうどWindowsCEを熱烈に積極的に推進している頃だったからでしょ。

しかし、M$って会社はすぐにマルチプロセッサ対応をあきらめるね。
そんな態度だから組み込み向けが普及しないのに。

137 :名無しさん:03/11/28 17:52
つうか、M$のCE戦略のやる気の無さに禿しい憎悪を感じる。
糞箱(悦糞没糞のこと)なんてだれもほしがらんつうの!!
WindowsXPの後継も、別に禿しい興味は無いな。

138 :名無しさん:03/11/29 23:27
話をVooDooにもどさしてもらうけど、
VooDooRUSHってあったっけ?
1枚のボードに2D機能のあるチップを載せて1枚でもVooDoo出来る(←変な言葉)ってやつ。
1年前にI/O DATA製のボードを箱入りで\800で買ったけど3Dの威力を試せん罠。
ウチのPC-9821に実装して遊び道具になっている。

139 :名無しさん:03/11/29 23:32
VoodooRushは不幸のカードと言われていたっけな。

Bansheeもいろいろとアレだったが、まあ16bitカラーに限定しておけば普通に使えた。



140 :名無しさん:03/12/01 12:28
Rushに比べたらBansheeは完成度高すぎですよ
Bansheeに文句いってたのは、一部のコアユーザやね
3D性能がVoodoo2よりも低かったから。ただコストパフォーマンスは
RivaTNTよりも格段に高かったから、結構売れたね

そういやRushは3dfxの会社紹介PDFに載ってなかったな
出来が出来だけに、なかったモノとしてあつかわれてたね
性能はVoodoo1より低いわ、非互換はあるわ、値段は高いわで
全然売れずにボロクソいわれてからなー

141 :名無しさん:03/12/02 22:11
BansheeはPC-98ユーザーにはめちゃくちゃ売れまくったんだよな。。
某掲示板ではショップに入荷するたびに「もう2度と入荷しない」なんて言われてたし。

142 :名無しさん:03/12/03 00:08
>>68-69で思い出したが、昔CRキーと呼んでいた。
MZシリーズはCRキーだよな?

CR:キャリッジ・リターンの略

143 :名無しさん:03/12/03 00:22
>>142
そういえば、改復キーという機械もあったよ。
何だったかは忘れちゃった。

144 :名無しさん:03/12/03 02:21
>>143
復改キーと思われ

145 :143:03/12/03 09:58
>>144
ありゃ、逆に覚えてたのか。訂正サンスク。
復帰(CR)と改行(LF)で復改だろうから、テレタイプ文化の洗礼を受けてる言葉だね。

146 :名無しさん:03/12/03 12:10
超残光ディスプレイってのも死語だなあ


147 :名無しさん:03/12/03 12:18
ハイレゾモニタとかデュアルシンクとか・・・

148 :名無しさん:03/12/03 13:12
>>146
辞典スレだから一応修正突っ込み入れさせてもらうけど
「長残光」ね。
長残光だと同じ周波数でもちらつきを感じなくなる。
漏れのPC-98用の古いCRTは垂直56Hz(VGAだと垂直60Hzが標準)だけどちらつきは感じない。
これを短残光CRTで表示させるとちらつきがきついの何のって…。

149 :名無しさん:03/12/03 15:38
>>147
デュアルシンクって要するにノーマル/ハイレゾの範囲だけスキャンできるヤツだっけ?
ハイレゾモード自体がNECのPC-H98シリーズとかPC-98RLシリーズとかのマシンで使われていたのを指すのかな。
98のハイレゾモードはI/Oアドレスからしてノーマルモードと互換性が無く、高価だったので普及しなかった。
Win3.1ではハイレゾモードでの起動が出来るのだけどね。確か。

150 :名無しさん:03/12/03 15:48
EXECUTEって書いてあるリターンキーもあったなあ

151 :名無しさん:03/12/03 20:59
>>149
あぁ、そういえばH98でNetwareサーバを立ち上げたときに
そのディスプレイを何も考えずにつないでいたら、

「何てもったいないことをしてるんですか」

って若いのに指摘された(w

152 :名無しさん:03/12/03 21:20
>>148
あー懐かしい、長残光モニタ。
判る人には判るだろうけど、「青が白っぽい」んだよね。

153 :名無しさん:03/12/03 22:43
マルチスキャンディスプレイ

154 :名無しさん:03/12/04 11:03
X'masで思い出したんだけど、
『夢幻の心臓』のX'tal Softってまだあるのかな。

155 :名無しさん:03/12/05 04:37
>>154
クリスタルソフトはT&Eソフトと合併しただろ
今はディズニーだ


156 :名無しさん:03/12/05 14:52
マルチで思い出したのだが
マルチメディアも死語かな。
386SX以上のCPU
等倍速以上のCD-ROMドライブ
2MBのメモリ(ちがったっけな?)
VGA以上のディスプレイアダプタ
PCM再生機能あり
だったっけ?
1989年時点だと唯一仕様を満たしていたのは全世界では富士通のFM-TOWNSのみだった。

157 :名無しさん:03/12/05 16:34
>>156
それは旧世代のマルチメディアで現在進行形のマルチメディアは未だに進化し続けてる。
マルチメディアの在りかたが昔と大分違うから何とも言えないのでは?

158 :名無しさん:03/12/05 16:50
MPC(マルチメディアPC)は年を追うごとにバージョンがあがった。
97年ころではMPCと呼ばずにPC97とかその時代を示す仕様が謳われた。
98年になる前、PC98を睨んでか、日電のこん畜生めがPC-9800の販売方針を転換して
PC98-NX(PC-98NXではない。ハイフンの位置に注意)を発売して藁われた。
そのうちベースクロックを示すPC66、PC100、PC133とか言われ、
現在ではメモリ転送速度だかを示すPC3200とか言われていると思った。

159 :名無しさん:03/12/05 16:54
死語ねぇ・・・。

カプラ
8インチフロッピーディスク
クリーンコンピュータ
シリコンディスク

草の根BBS
Diet
バッチファイル
PD

http://www.brother.co.jp/jp/r/topics/history/first/02.html

160 :名無しさん:03/12/05 17:04
>>159
リンク先は見てないけど、バッチファイルに違和感が…。

161 :名無しさん:03/12/05 17:08
>>160
リンク先にあるものの存在がレガシー。

162 :名無しさん:03/12/05 17:12
バッチファイルは使われているけど、今は拡張子がbatじゃなくてcmdだもんな。

163 :名無しさん:03/12/05 18:22
>>159
やべぇ、そこにある用語、クリーンコンピュータ以外は全部知っているつもりだ。
詳細を説明せよって言われても説明できないものがあるけど…。

164 :名無しさん:03/12/05 23:54
PC-8801ユーザーだった漏れはTAKERUには世話になった。

165 :名無しさん:03/12/06 00:20
niftyフォーラム

166 :名無しさん:03/12/06 00:28
ニフティで思い出したが
HP=ホームページ、ヒューレット・パッカード
までは大抵の人が答えるだろうが、ホームパーティと答える俺はnifty-serve会員ですた。

167 :名無しさん:03/12/06 00:32
パティオ運営していましたが、何か
今はniftyのMLを経てfreeMLになりました


168 :名無しさん:03/12/06 01:48
>>167
patioって、あったねーw

169 :名無しさん:03/12/06 10:45
パティオてどうなったのかあ・・・・。懐かしいなあ。まだあるのかな?

170 :名無しさん:03/12/06 12:42
学生の頃はニフティがデフォルトだったから、
某国家試験の対策なんかをpatioでしてました
設置者に負担がないように
順繰りにアクセスギフトでdonationしたりとか‥‥

今となってはなつかしい

171 :名無しさん:03/12/06 15:45
いろんなメーカがニフティ上にサポートBBSを設けてたけど、
(ニフティの)費用が掛かる会員制の場所って辺りが、「インターネット以前」って感じだ。

172 :名無しさん:03/12/06 21:26
>>166
ドラクエ厨はヒットポイントだな。
すれ違いスマソ。

>>170
会社のPCでニフにアクセスしたときにとあるフォーラムで管理者の酷く横柄な態度をみて
個人で入会しようと思ったけどやめた。
面白くなかったし。

173 :名無しさん:03/12/06 23:55
DOMも死語だよな。。
#ROMはまだ使うが

174 :名無しさん:03/12/07 14:53
>>173
Down(load) Only Memberの略?

175 :名無しさん:03/12/07 16:48
>>173
ダウソ板行けばまだまだ使われている

176 :名無しさん:03/12/08 11:41
ROMの対義語としてRAMを使うのは用法的に間違いなの?

177 :名無しさん:03/12/08 12:08
>>176
Read Only MemberとしてのROMだったら、対義語として使われてるのは見た事ない。
アクティブメンバーに対する略語はないと思われ。

178 :名無しさん:03/12/08 16:59
>>177
稀にRAMしてます、って掲示板に書いている香具師いるよ。
言わんとしていることはわかるのだが、短絡過ぎて厨房臭い。

179 :名無しさん:03/12/08 18:20
パソ通の世界でたまーにだけど、ROMの反対語ぽくWOMというのが
使われることはあった。
Write Only Man
書き込むのは好きだけど人の書き込みは読まない、
今で言えばジコチューに対して批判的に使われる場合。

180 :名無しさん:03/12/09 08:50
>>176
Random Access Member(つまり、たまにしかアクセスしない人)と言う意味でなら
使われていたこともあるが、DOMやROMほど一般的な使い方ではない。

181 :名無しさん:03/12/09 11:07
>>179
本来書きこみのみできるなんておかしいけどね。
まったく読まずに書きこむなんてどう考えてもレスのやり取りが成立しないよね。
あ、そうか、コピペばかり一方的にするヤシもWOMといえるかもね。
この板ににも存在する痛いマ(ry

182 :名無しさん:03/12/09 15:28
山崎某もWOMかな。
正体は知らないけど。

183 :名無しさん:03/12/09 18:40
Ready-to-run

184 :名無しさん:03/12/09 21:08
@PIPIN
中身はMAC ?

185 :名無しさん:03/12/09 23:04
>>184
ピピン@のこと?

マルチメディアの前に言われてたニューメディアは死んだかな。

186 :名無しさん:03/12/10 20:36
そろそろ、CRT (いわゆるブラウン管)も死語だね。
最近、店で売っているパソコンはほとんど液晶になったからね。

187 :名無しさん:03/12/10 20:48
>>186
藻前の近所だけだとおもうが…。(因みに、漏れの近所はPCIグラボが絶滅危惧種化)

フラットのCRTが主流になってきた感はあるが、まだまだ現役。
液晶は、色々やり始めると制限多くて嫌になる。

188 :名無しさん:03/12/11 13:22
ZVポート
Zoomed Video ポートの略。PC用語辞典にも載っていなかった。鬱だ…。
PCカードスロットの一部の端子を直接グラフィック、サウンドデバイスにデータを渡す仕様だと思った。
PCカードタイプのビデオキャプチャカードで威力を発揮したらしいが、製品が殆ど出回らなかった。

漏れはPCカード型サウンドカードで対応して欲しかったのだが、それは存在しないと思った。

189 :名無しさん:03/12/12 01:16
>>188
そういや、PCMCIAっていう呼称は死語になるのかな。
以前、同僚が「PCIME」って覚えてたっけ。

190 :名無しさん:03/12/12 22:50
>>186
色にうるさい職種は頑なにCRTを使ってるよ

191 :名無しさん:03/12/13 15:49
>>190
いまだに、まともにフルカラー表示できる液晶が存在しないんだから仕方がない。

そろそろパソコン用ディスプレイにも、プラズマディスプレイが出てきていいと思うんだけどなぁ。


192 :名無しさん:03/12/13 18:29
>>191
むかしあったよ。
PC-9801LS…。単色プラズマディスプレイ搭載!

193 :名無しさん:03/12/13 18:47
Dynabookもプラズマだったね

194 :名無しさん:03/12/13 18:59
>>191
プラズマはその原理上、画素の小型化と高精細化(高解像度化)が難しいので、
精々TVチューナー内蔵の大型ワイドモニタに使われるのが関の山では?

195 :名無しさん:03/12/13 22:08
プラズマオレンジは目にキツイ



アンバーイエローディスプレイも目にキツイけど

196 :名無しさん:03/12/13 22:08
>>192
FMR50LTもね
FMR30もあったな

197 :名無しさん:03/12/15 15:09
>>195
懐かしいね、オレンジ色のプラズマディスプレイ。
あれはあれでサイバーな雰囲気で好きだったな。

なんとなく「黒地に緑=サイバー」みたいな感じだけど
(特に最近だと『MATRIX』の影響もあるかな)
オレンジ色もそれはそれでアリだよなぁ。
黒地に単色なら何でもサイバーっぽくなるのかな。
しかし何だろう、「サイバーっぽい」ってのは。

198 :名無しさん:03/12/15 17:40
黒字に緑だとどうしてもメインフレームのダム端末を連想してしまう
しょぼー

199 :名無しさん:03/12/15 20:37
ELバックライトも死語かな?
今の液晶モニタの光源はFLサイドライトって言うのが原理上正しいのだが…。

200 :名無しさん:03/12/15 21:05
>>199
ELとFLが同じ物である様な書き方だな。

201 :名無しさん:03/12/15 22:22
FLは蛍光灯と似たようなもんかな?
ELは半導体の発光素子だと思ったけど。

202 :名無しさん:03/12/15 23:46
昔懐かしの、緑色の7セグ電卓がFLだな。蛍光管。
昔はFLのゲーム機があったんだよなぁ。

203 :名無しさん:03/12/16 09:48
モノクロ液晶電卓より、FL管の電卓の方が見やすいときがある。

204 :名無しさん:03/12/16 11:58
FLの難点は電池食いなことかな。
FLゲーム、昔良く遊んだけど電池代がバカにならんかったよ。
今でもFLサイドライトは電気食いな部分なのだが、LEDに変更すればだいぶマシになる。
しかし、LEDは発光ムラが大きすぎるので均一な画面輝度が命なノートパソコンには応用できない。
携帯電話になら使われているけど。

205 :名無しさん:03/12/16 19:32
ELディスプレイはこれから再び脚光を浴びそうだけどね。
有機ELディスプレイの色表現が良くなるのと、解像度が上がれば携帯用表示機に最適と言う声も。
応答速度と視野角、消費電力は液晶に勝るとも聞いているけどどうなんだろうね。
ELは自身が発光するのでバックライトは不要だし、構造的にも液晶以上の薄さを望める。

…って、死語スレから脱線してしまった。スマソ。

206 :名無しさん:03/12/16 19:53
発光ムラって、導光板でどうにかならないレベルなの?

207 :名無しさん:03/12/16 23:25
>ELディスプレイはこれから再び脚光を浴びそうだけどね。

ELは寿命(輝度が半減する期間)が短すぎるのが難。
しかもRGBそれぞれの寿命がまだ揃っていない現実。
新品のときは、綺麗なんだけどねぇ…

>発光ムラって、導光板でどうにかならないレベルなの?

それでおおむねなんとかなるのが、携帯の画面程度。

それとLEDの場合、まだ発光周波数帯が可視光の全領域に達していないので、
白色光っぽく見えても実は波長が抜け落ちている領域がある…


208 :名無しさん:03/12/16 23:33
>>207
>白色光っぽく見えても実は波長が抜け落ちている領域がある…
へー、初めて知った。
どこかにスペクトル載せてるWebがないか、探してみよっと。

209 :名無しさん:03/12/17 10:06
白のLEDって青とかの短波長発光の物に蛍光体をまぶしているものって聞いたことがあるけど
そこで発光波長帯の抜けている部分があるのかな。

210 :名無しさん:03/12/17 10:16
RGBの3原色LEDを組み合わせた場合に、中間の波長を表現できないって話ではないかと。

蛍光体は蛍光灯でもうさんざん研究され尽くしているから、
薬の混ぜ具合でどうにでもできるのではないかと思うし。



211 :名無しさん:03/12/17 18:43
>>209
>白のLEDって青とかの短波長発光の物に蛍光体をまぶしているものって聞いたことがあるけど
軽くダウト。
青等の短波長物が現れるまでの苦労を考えると、それはなさそう。
板違いかな、スマソ。

212 :名無しさん:03/12/17 19:03
>>211
昔、テレビで蛍光灯のカバーを外したらRGB各色の蛍光管が入っていたという場面を見たことがある。
巧くカバーを導光板(?)みたいな役割させて白く光らせていた。
中間の波長はどんな感じなのだろうか?

>>211
そうか。漏れが青色LEDに蛍光体で白というのは研究段階の話だったかもね。
でもマジで白いLEDってどうやって光らせているのだろうか?
RGBの3種の発光素子が同居してるのだろうか?
拡大して観察しようにも光がきつくて目をいためるし…。
集積回路みたいに3種の半導体を同じチップ上と言うのはどうかな?
プロセスがかなり複雑になるので現実的ではないのは確か。

213 :211:03/12/17 21:50
>>212
>RGBの3種の発光素子が同居してるのだろうか?
だからさ、青は最近の物でしょ?
なんで無理にRGBに分けるかなぁ…。

214 :名無しさん:03/12/18 11:14
>>211
>>212
>>213
LEDの動作原理について詳しそうだから説明をきぼんぬ
って言いたいところだが、どんどんスレ違い地獄に陥っているのでやめとく。

215 :名無しさん:03/12/18 19:09
AMR/ACR/CNR
割と新しいと思われる事実上の死語
AMRってつかったことある人いる?
ACRとかCNRとかイソテルとAMDの覇権争いで全部有用性に欠けるような気もする。

216 :名無しさん:03/12/18 20:59
>>215
何の略? 詳解プリーズ。

イソテルとAMDで思い出したけど、外付けの数値演算コプロセッサは既出?

217 :名無しさん:03/12/18 23:36
>AMR/ACR/CNR
低速なシリアルデバイス接続用のスロットですな。
モデムやTA、NICなんかを繋ぐための。

実際にはマザーボード上で1スロット分のスペースを占拠してしまうので、
だったらPCIスロットを一基増やしてくれた方がマシ、という代物ですた。

218 :名無しさん:03/12/18 23:38
>外付けの数値演算コプロセッサ

コプロセッサは数値演算用とは限らない罠。

で、浮動小数点コプロセッサは、80486/68040あたりの世代から
CPUに内蔵されるのが主流になりましたな。

外付けにしていたのは、半導体プロセス技術が未発達だった頃の
苦肉の策と言って良いかと。

現在ではさらにSIMD命令まで内蔵して、ヘタなDSPなんか要らんわ
って時代になっとります…

219 :216:03/12/19 01:04
>>218
>コプロセッサは数値演算用とは限らない罠。
だからわざわざ「数値演算」って付けたんだけどな。
引用中に気付けよ。

220 :名無しさん:03/12/19 01:09
>引用中に気付けよ。

気付いているから原文ママ引用した上で「浮動小数点」と訂正し、
さらに最近のCPUではDSP等のコプロセッサの能力も内包している、と
補足した訳ですが。

藻前のくだらない名誉が担保されなければすぐキレてしまう程度のお安い奴なら、
2chとはそういう場所ではないし、藻前の安っぽいプライドも保証はされない。

むしろそういう所に拘るアフォは徹底的に弄り回されてバカにされるので、
これ以上痛い目を見たくなければ布団をかぶって寝てしまう方が良いよ。
これは老婆心からの忠告だ。



221 :名無しさん:03/12/19 10:12
>>220
このスレに痛い奴はいらない。お引き取りください

と、これだけでは芸が無いので

AMR/ACR/CNRとはメジャーにならずに消えつつあるライザカード仕様のとこ。
メーカ製PCではサウント、モデム、LANカードがささってるものもあったが、そうで
ないものは一生使われることの無い地味な存在。自作PCの場合はライザカードが
販売されなかったせいもあり、ほとんど利用されていなかった。
実はあなたのPCにもひっそりと搭載ついてるかもしれない。PCIスロットを半分以下
の大きさにした短く不恰好なスロットがあれば、それがAMR/ACR/CNRスロットのどれか。

ちなみにAMR/CNRはIntelが、ACRはIntelのCNRに対抗したAMDやVIAが規格・推進を
行っていた。AMRとCNRに互換性はないが、ACRはAMR互換という不思議な仕様。
ACR陣営はCNRよりも優れていると強調していたが、結局は50歩100歩、
どっちもどっちな規格であった。



222 :名無しさん:03/12/19 10:31
>>217-218
えーっと、コプロセッサに「数値演算」って付ける人が、
「数値演算用以外のコプロセッサが存在する」事を知らないとは思えない。
知らない人なら単に「コプロセッサ」とだけ書きそう。
ま、マターリと。

223 :222:03/12/19 10:35
レス番間違えた。まぁいいや。スレ違い/板違いだ。

224 :名無しさん:03/12/19 11:18
>>218

>外付けにしていたのは、半導体プロセス技術が未発達だった頃の
>苦肉の策と言って良いかと。

これには異論有り。確かに昔のCPU/MPUはFPUが別チップだった。
これは1チップにできなかったからしなかったとも言えるが、従来の
FPUが外付けオプション扱いであったせいと考えるのが妥当。
現在では内臓があたりまえのFPUだが、昔は非常に高価であったのと、
FPU自体の需要自体が現在ほどなかったため、低コストのコンピュータ
にはFPUを搭載しないのが通例だった。そのため、Intelなどは技術的に
FPUの集積が可能になってからも、内臓しているFPUをわざわざ殺した
廉価版CPU(i486SX)を製造していた時期もあった。

まー、簡単に言えば昔はCPU以外のオプションチップでも儲けようとして
たってことやな





225 :名無しさん:03/12/19 13:15
そー言えばさ、68000系にはシリーズの外付けMMUコプロがあったけど、
x86系にもあったの?

226 :名無しさん:03/12/19 13:25
>これには異論有り。確かに昔のCPU/MPUはFPUが別チップだった。
>これは1チップにできなかったからしなかったとも言えるが、従来の
>FPUが外付けオプション扱いであったせいと考えるのが妥当。

違うよアホ。>218で正しい。

半導体プロセスが未発達で、ワンチップに組み込めるトランジスタ数の制限がきつく、
コプロセッサに相当するロジックをワンチップ化できなかったから、別チップとして供給した。

>現在では内臓があたりまえのFPUだが、昔は非常に高価であったのと、
>FPU自体の需要自体が現在ほどなかったため、低コストのコンピュータ
>にはFPUを搭載しないのが通例だった。

これも、結果と原因が180度入れ替わってしまったヴァカの見本だな。

別チップとして供給するとなると用途が限られ、当然購入者・購入数も減る。
そうなればCPUほどの量産効果も望めず、価格はCPUよりも高価になり、
余計に購入者が減る…という悪循環だったのだよ。

後にワンチップにFPUやMMUのロジックを組み込めるようになると、
当然どのメーカーでもこれらの機能を組み込んできた訳だ。


227 :名無しさん:03/12/19 13:26
>そのため、Intelなどは技術的に
>FPUの集積が可能になってからも、内臓しているFPUをわざわざ殺した
>廉価版CPU(i486SX)を製造していた時期もあった。

お前は、486SXが存在した理由をまるっきり誤解している。

当初の486のマスク(シリコンウェハーに回路を焼き付けるための原版)は、
486DXのものしか無かった。

一枚のウェハーからまずは回路全体が問題なく動作する486DXを取り、
一部(FPU)に不具合があってもCPU部分は問題なく動作するチップは
レーザーで回路を焼き切る事でFPUを動作不能にさせ、486SXとして出荷した。
これは歩止まり(一枚のウェハーから製品化可能なチップを何個取れるか)を
向上させるための方便でしかなかった。

486当時のロジックでは、CPUと比較してFPUのロジックが占める面積も広く、
確率的にFPU側に問題が起きてもCPU側は無事である可能性が一定の確率で存在した。
いわば486DXは完全動作の選別品であり、486SXは一部に欠陥を持つものの
CPUの機能は健在の半不良品、という見方もできる。

ただし、486の歩止まりが向上した後は、出荷数を揃えるために
DXとして動作可能なコアを486SXとしてFPUを殺し出荷した。

>まー、簡単に言えば昔はCPU以外のオプションチップでも儲けようとして
>たってことやな

FPUやMMUにも当然利益は見込んだ価格を設定していた訳だが、
不当に高価な価格をつけていた訳ではなく、小数しか生産できないために
必然的に高価にせざるを得なかった、という事情が正しい。

別チップにした方が単純に儲けられるというなら、今でもどこのメーカーでもそうしているよ…。


228 :名無しさん:03/12/19 13:30
ちなみに同様の配慮は後のx86系CPUでも行われている。

特に昨今のCPUでは、オンダイキャッシュの容量増加とともに
シリコン上でキャッシュの占める面積が増大した。
(確率的にキャッシュ領域に不具合が発生する確率が増大した)

Coppermine以降のPentiumIIIとCeleronの関係において、Celeronとはまさしく
一部のキャッシュ領域に不具合がありPentiumIIIとしての容量は
確保できなかったが、Celeronとしての製品化が可能な”半不良品”であった。

Coppermine以降、このようなPentium*とCeleronの関係は現在でも続いている。

また最近のインテルのCPUは、マスク上のキャッシュ容量は製品本来の容量より
若干多目に確保され、広大なキャッシュ領域の一部に不具合が発生しても(またしなくても)
規定の容量さえ確保できれば、不具合のおきた領域(あるいは健在であっても過剰な容量ブロック)を
レーザーで焼き切ってしまい、規定のキャッシュ容量を持つCPU製品として製品化することで
歩止まりを向上させている。

少なくともリリース直後の歩止まりの向上にあえぐ時期においては、
Celeronは名実共にPentiumの半不良品、というわけだ。


229 :名無しさん:03/12/19 13:40
>そー言えばさ、68000系にはシリーズの外付けMMUコプロがあったけど、
>x86系にもあったの?

x86系では、80286までMMUに相当する機能はありませんですた。

そして80386で32bit化したついでに、MMUを内蔵してしまいますた。
さらにセグメントレジスタを32bitに拡張した上に仮想86モードまで搭載して、
もうあんなことやこんなことまでできる便利なCPUに生まれ変わってしまいますた。

68000が16bitCPUとしてかなりアレで、020で32bitになっちゃって、
030はなんとなく小改良?って感じの平凡さだったのに比べると、
x86系は386以前と以後でもう全然別物と言っていいくらい一気に変わっちゃってます。


230 :名無しさん:03/12/19 16:32
>>227-228
まだやってたのか。
あー、とりあえず「レーザーで焼き切る」の情報ソースは?

231 :名無しさん:03/12/19 16:46
半導体回路の不具合部分を特定して、そこだけを
正常な部位へ影響がない様に焼き切る、
なんていうのは、コスト的にも技術的にも無理だろ。
ピンへ信号を配線するか否か、なら判るが。

232 :名無しさん:03/12/19 16:47
【FEP】 PC用語しったかぶり辞典 第二版 【EMS】

233 :名無しさん:03/12/19 22:23
JTAGで不可逆に焼き切ってたら面白いかな、なんて思った。

234 :名無しさん:03/12/19 22:35
うわーなんか難しい話になってきましたね
ボクチンにはさっぱり理解できませんよ

235 :名無しさん:03/12/20 05:07
レーザーで焼き切る〜のくだりは、ネタだろうな。

486はDXのマスクしか無いってのは本当だし、PentiumとCeleronの関係も正しいけど。

236 :名無しさん:03/12/20 05:16
>レーザーで焼き切る〜のくだりは、ネタ

これはね、一度全回路をボンディングワイヤーで結線して動作を確認した後、
不良品の再生や、あるいは生産計画上の都合などで、
FPUやキャッシュ(の一部)へ繋がるワイヤーをレーザーで焼き切ってしまうのですよ。

ダイに直接レーザーを当てている訳ではありませんわ。


237 :名無しさん:03/12/20 06:24
>>236
ふーん、ピンアウトだけでキャッシュの一部が殺せるのか。
何番ピンだか教えてくれよ。

238 :名無しさん:03/12/20 06:43
>キャッシュ(の一部)へ繋がるワイヤーをレーザーで焼き切ってしまう
これもネタだよ。
内部キャッシュのアドレス信号は外へ出てないし、
仮に出ていた所で、ピン1つ殺す毎にキャッシュ容量が半分になる。
しかも、都合よく上位アドレスに不具合があればいいけど、
下位アドレスのピンを殺すと、アドレス空間が歯抜けになる。

239 :名無しさん:03/12/20 07:15
ネタだよ(意訳)
今ならネタという事にしといてやるから、
これを機に精進しる!

240 :名無しさん:03/12/20 12:21
なんかイイなぁ、「レーザーで焼き切る」ってフレーズ。
大槻教授にとってのプラズマみたいだな。何でも説明しちゃう無敵の理論。
「角度とか」みたいに流行らないかなぁ。

241 :名無しさん:03/12/20 13:38
亀レスですまそが
>>218
>外付けにしていたのは、半導体プロセス技術が未発達だった頃の
>苦肉の策と言って良いかと。
PentiumUなどのカセット型CPUはこれが要因になっていたけどね。
L2分離して歩留まり向上&コスト削減の意味合いもある。
ダイサイズもそれほど大きく出来なかっただろうし。
L2内蔵(但しダイとCPU本体は分離)512KBのPentium Proってやっぱり高価だったのかな?
ジャンク屋で\1500で売っていたけどマザー持っていないので買ってもしょうがないと思っていた。

>>224
>まー、簡単に言えば昔はCPU以外のオプションチップでも儲けようとして
>たってことやな
漏れとしてはクロック倍率を変更してファンをくっ付けただけの
PentiumODP(75→125MHz、60/66MHz→120/133MHz、90/100MHz→150/166MHz)は存在意義に疑問を感じた。
まあ、ソケット4の60/66MHz版はある意味有効だったかもしれんが。
ついでに言うと素人向けとしては有効だったかもしれんが。
漏れとしてはPentiumU時代にPentiumVODP出してくれても良かったんじゃない?と思ったり。
漏れの新品の純正ODP利用歴はMMX200MHzを実現したMMXODPこれ一つのみ。
これでもかなり処理能力が上がったと実感できた。安定もしたし。
486マシンにくっ付けるPentiumODPはジャンクで買った。
後付けですまそが、ODPも死語になってしまったね。
CPUアクセラレータも死語だね。
ODPはIntelの登録商標。
CPUアクセラレータはサードパーティが発売した製品で、
ODPに対応し切れないマシン用(CPUの動作電圧や下駄の違いを吸収)
あるいはODPより性能の高いCPU(良くAMD製が使われた)を用いて応用範囲を広げた。

242 :名無しさん:03/12/20 13:59
>L2内蔵(但しダイとCPU本体は分離)512KBのPentium Proってやっぱり高価だったのかな?

高価でしたよ。製品のポジションとしては現在のXeonに相当。当初の2ndCacheは256KBでした。
CPU単体で10万前後、メーカー製のコンピュータ製品になると100万〜って感じかな。
後にサーバ用に1MBキャッシュの製品が出てくるのだけど、これはべらぼうに高価でしたね。

ただ、x86系としては初めて32bitOSの動作を念頭に設計されたCPUであったことから、
NTやUNIX系OS/アプリの実行環境としては実に安定して、しかも快適だったです。

漏れはちょうどこの頃に価格を下げてきた3DLabsのOpenGLアクセラレータと
PentiumPROの組み合わせで、50万弱でDualCPUのCG用WSを組んで使い始めました。
Softimage|3DがNTに移植されたのも、この頃。
Windows95ではまだ16bitコードが大分残っていたために、P55Cと比較すると実際遅かったものの、
NTを使うとさすがにP6アーキテクチャは速いな、と思ったものです。

うちではPentiumPROマシンは2001年の年末まで雑務マシンとして実用され、
現在でも宅内ファイル/webサーバとしてHDDを古いSCSIからATA100へ更新した上で
健気に稼動中です。

一般にはSocket8は失敗だったと言われていますが、PentiumPROマシンには思い入れもあり、
また安定して頑丈な事もあってか、漏れの周りでは何故か長生きなものが多いようですね…


243 :名無しさん:03/12/20 16:31
ソケットは一般的に偶数は失敗とされる。
ソケ370はソケ9相当で大成功している。
ソケ423はソケ10か? 初物と言うことですぐに消えた。
ソケ478はソケ11相当? 今の現役だね。
インテルの初物(ソケ4、8、423)はどうしても改良の余地が残っていたりした。

漏れのソケ8マシンは下駄履かせて河童セレロン載せて今も現役。
スレと関係無くてスマソ。

244 :名無しさん:03/12/21 00:41
つまり、偶数ソケットはレーザーで焼き切られた、と。

245 :名無しさん:03/12/21 02:33
>>243
ソケット423の説明が意味不明

246 :名無しさん:03/12/21 03:48
仕方ないよ、レーザーで焼き切られてるから。

247 :名無しさん:03/12/21 04:54
PC死語と関係のない話は、レーザーで焼き切ろう。

248 :名無しさん:03/12/21 08:53
若いヤツには理解不能

Mac使い(別名 房)

249 :名無しさん:03/12/21 09:55
『3連ISH』 とか
『MNPモデムでFlying-Xmodem』 っていうのは既出ですか?


250 :名無しさん:03/12/21 10:17
魚エンコーダとかな…

251 :名無しさん:03/12/21 13:49
ロータリーエンコーダ
略してロリ援交

ロータリーエンコーダはそに〜だとJOGダイアルって言って特許になっていたと思う。
最近のそに〜パソに装備されている?
ホイールも似たようなものか。

252 :名無しさん:03/12/21 17:34
>>249
懐かしいな
小さなファイルならishエンコードして、
メールの本文に貼ってニフティで送ってた

253 :名無しさん:03/12/21 19:49
>>251
ソニーのJOGダイアルはロータリーエンコーダーとは関係ないと思うが。

254 :名無しさん:03/12/22 07:14
>>248
レーザーで焼き切れてて、意味が判らないんですが。

255 :名無しさん:03/12/23 00:02
>>254
若いヤシにはマックの存在なんて知らんから当然だろう。
雑誌等のメディアでも殆ど取り上げられていないし。

256 :名無しさん:03/12/23 00:58
近頃の若い連中は、レーザーで焼き切られているからな。仕方ない。













ひとつ上野男。これもレーザーか…。

257 :名無しさん:03/12/23 01:56
>>255
うーん、マッキントッシュは知ってるけど、>>248は何が言いたいのか判らん。
もっと意味のあるレスだったのが、レーザーで焼き切られたのかも?

258 :名無しさん:03/12/23 02:18
>>256
ああ、チソコを斬られたのね。宦官かw

259 :名無しさん:03/12/23 12:10
>>248
エバンジェリストってのもあったんだけどね、
レーザーで焼き切られていたら知らないだろうな。

260 :名無しさん:03/12/23 14:56
>>258
誰だっけか、「大学でユニックスを教えている」と言ったら、
中国史を教えているのかと勘違いされたっていう話があった。

261 :名無しさん:03/12/23 15:48
>>260
Unisex(雌雄同体)?
どっちかっていうと、宦官は男でも女でもない(Sexless)だけどね。

262 :260:03/12/23 18:52
>>261
eunuch(宦官)
複数形ならeunuchesかな。

263 :名無しさん:03/12/23 19:57
しんかん(←レーザーで焼き切れてなぜか変換できない)って何?

264 :名無しさん:03/12/23 20:01
263 名前:名無しさん :03/12/23 19:57
しんかん(←レーザーで焼き切れてなぜか変換できない)って何?

宦官(かんがん)

265 :名無しさん:03/12/23 20:10
>>264
メール欄。
最近「←なぜか変換できない」ってのが流行ってるのか?
あちこちで見掛けるんだが。

266 :名無しさん:03/12/23 20:23
久しぶりに引っかかったか。吊ってくる。
#馬扇にはならんけどなw

267 :名無しさん:03/12/24 00:15
よく考えれば宦官って肉筆で書いてみ?って言われたら「官官」って書いていたかも。(恥)
高校の世界史の授業のときに男子生徒に「去勢された男子」ってのを読ませるとき、
漏れだったら去勢の意味がわからん買ったので「きょせい(?)されただんし」って呼んだだろうけど
実際に読んだヤシは恥かしがっていた。何処で覚えたんだよ、去勢なんてことば…。
って、漏れがお子ちゃまなだけか…。

ああ、PC死語辞典と関係無くてスマソ。
ひとつ、ネタ降ってみる。
去勢マウス:玉の外されたマウス(もちろんPC周辺機器のマウスを示す)のこと。

268 :名無しさん:03/12/24 00:54
>>267
いや、ある所で恐ろしい事例をみたんだよ。

コンピュータ室で1台のコンピュータが操作不能。
マウスがおかしいので管理者がみるとカラカラ音がする。
マウス(オーソドックスボールタイプ)の球がなくなっていたので
管理者は使用不能の張り紙をした。

ところが。
その後管理者のところに、マウスの中にあるはずのボールが
屋外で発見されたとの報告があり。
しかも管理者と報告者が問題のPCのマウスを見ると、
カラカラ音の原因は小石と判明。
ボールが屋外で発見され、マウスの内部には小石
もしやボールと小石の交換?

269 :名無しさん:03/12/24 01:07
マウスは玉無しに限る。

まあレーザーで焼ききられた香具師にはわからないだろうが。

270 :名無しさん:03/12/24 10:23
玉無しって言えば。
diskless workstationをdickless(玉無し) workstationって言い換える遊びがあるな。
ディスクレスって死語?
いや、PCの性能が上がってるから、ワークステーションが死語だったりして。

271 :名無しさん:03/12/24 12:25
>>269
タマ無しのマウスは以前使ってたんだが、カーソルが有らぬ方向にすっ飛んでいったり、
微妙な操作がしにくかったんで、またタマ有りに戻しちゃった。
高いヤツならそうでもないのかしら。

272 :名無しさん:03/12/24 13:57
>>271
設置面に気を付ければ、カーソルの飛びは解消可能。
メンテフリーだし楽だよ。

それより、>>236-238はどう決着するのか気になるんだが。
もうこの話題はレーザーで焼き切られちゃってるのかな。

273 :名無しさん:03/12/24 17:59
>>262
eunuchesならUnixと空耳しそうではある。
一方でUnixの複数形はUnicesだったりするのが、ひねくれてて面白い。

>>269
よく考えてみると、マウスって玉無しだの尻有るだの、なんかやらしい(w

274 :名無しさん:03/12/24 23:00
>>269
もしかして玉無しマウスの腹からレーザー発射しているとか?
だとしたらかっこいいですね。

275 :名無しさん:03/12/25 23:22
昔のパソコンショップでもマウスの玉はたいてい取られていたな。
信じられないのはトラックボールの玉も取られていたこと。(PowerBook100だったかな)

あと僕が行っていた高校ではマウスの玉が取られないように瞬間接着剤で固定してあった。
#工業高校だったので

276 :名無しさん:03/12/26 19:06
マウスの裏のねじを外せば玉取れるよ。
しかし、はめ合わせ部すら外せないように接着剤で固めたとか?

277 :275:03/12/27 22:36
>>276
電算機実習室にわざわざドライバーを持ってくる奴はいないから。。

278 :名無しさん:03/12/28 21:15
ところで玉がちゃんと二つあるマウスってあるの?
玉無しとか去勢とかいってももともと片キンだったわけで。
ウチの年寄りの犬(11年前に大往生したが…)みたいだ…。

279 :◆cplnFO9T0I :03/12/29 00:51
>>278
2つもあったら怖い。

280 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

281 :名無しさん:03/12/29 15:12
>>278
惜しいなァ…。
M$が構想していたサムホイールを全方向に動かせるようにボールに変えて組みこむって話を聞いた事がある。
本来ボールがあった場所は今では光反射検出になってしまったし…。

282 :名無しさん:03/12/29 15:15
アスキー製でそういうのなかったっけ?

283 :名無しさん:03/12/30 04:20
>>282
アスキー製かは知らんがあったよ
ホイール部分がボールの奴(≠トラックボール)

284 :名無しさん:04/01/04 06:10
JavaScriptをかりかりと書いてる時に思ったんだが、
BASICってそろそろ死語?
ってゆーか既出かな。

285 :名無しさん:04/01/04 16:43
>>284
おまえな、今のVB.NETがどんなに難しい言語か、わかっていってんのか?(W


286 :名無しさん:04/01/04 19:19
>>285
VBの難しさは、言語そのものの問題じゃないと思うな。
むしろWinAPIの複雑さ。

287 :名無しさん:04/01/05 09:42
>>286
VB6で線を描く
PictureBox1.Line (0, 0)-(PictureBox1.Width, PictureBox1.Height)

VB.NETで線を描く
Dim bmp As New Bitmap(PictureBox1.ClientSize.Width, PictureBox1.ClientSize.Height)
PictureBox1.Image = bmp
Dim g As Graphics = Graphics.FromImage(bmp)
g.DrawLine(Pens.Black,0,0,100,100)


288 :名無しさん:04/01/06 16:47
>>287
漏れ的にはVB.NETの記述法の方が魅力的…

289 :名無しさん:04/01/06 18:25
>>284
BASICのBはBIOSのBである。
正しくないけど一方で正しい、訳のわからん話。
死語にするにはもったいない。

290 :名無しさん:04/01/06 21:43
>>289
ビギナーズなんたらだろ?
こじつけだけど


291 :名無しさん:04/01/06 22:00
Beginner's All-purpose Symbolic Instruction Code だね。
BIOS の方は Basic Input/Output System だから、
BASIC の B と BIOS の B は違う。レーザーで焼き切れば別だけど(w

こじつけってのはその通りだと思う。英単語のbasicに合わせたんだろうね。

292 :名無しさん:04/01/07 10:38
言語のBASICは、basic(基本)の綴りに語呂を合わせた造語。

BIOSのBのbasicは、本来のbasicの語意。


293 :名無しさん:04/01/07 13:54
今、デジタルCRTなんて言っても訳わからんって言われるだろうね。
要は輝度信号の無いRGBの各色を組み合わせて
Red、Green、BlueのほかにYellow(RGの組み合わせ)、Cyan(GBの組み合わせかな)
Magenda(RBの組み合わせだったと思う)とRGB全部組み合わせの白、全部無しの黒(無発光?)
の合計8色を表示できるようにした。CRT自体の性能の問題ではなく、制御信号がわの制限で色数が押さえられた。

現在はデジタル表示っていうと液晶のDVIのことを言うのだが、これは輝度信号をデジタル制御して中間色を表示している。

294 :名無しさん:04/01/07 19:39
>>293
MagendaじゃなくMagentaな。
しかも、「CRTの性能の問題」でしょ。まぁ確かに信号も違うけど。
MZシリーズには、デジタル/アナログの切り替えが出来るCRTがあって、コネクタは一緒なんだよね。

295 :名無しさん:04/01/07 19:55
おお、フォロースマソ。そしてありがd!
どっか間違いあるかと思って必死だったよ。
辞典というくらいだからネタ振りで終わらせたくなかったのだ。
色のアルファベット表記はPC辞典見て書いたらスペルミスが発生していた。(恥

296 :名無しさん:04/01/08 12:53
会社の液晶表示器の廃棄品にデジタル入力のものがあったよ。DVIのことじゃない。
昔社内でPC-9801VMに接続していたDIN8ピン(だったと思う)コネクタのヤツ。
よっぽど古い98じゃないとつながらん罠。
それで表示させても本来アナログ16色で想定される画面を表示させるとどうなるか不明。
そう考えて拾って帰るのを諦めた。

297 :名無しさん:04/01/08 15:34
そのデジタルは、RGBの発色がオンとオフしかない(中間調を表示できない)
という意味でのデジタルであって、画素ごとの色情報をデジタル伝送している訳ではないぞ…

>それで表示させても本来アナログ16色で想定される画面を表示させるとどうなるか不明。

だから、アナログDSUBの入力はできないってのに…


298 :◆cplnFO9T0I :04/01/08 17:35
>>297
おまえがわからない。
>>296は、8色でしか見えない画面で、
16色用のプログラムを実行したらどう見えるかと言ってるだけ。

299 :297:04/01/09 09:58
>>>296は、8色でしか見えない画面で、
>16色用のプログラムを実行したらどう見えるかと言ってるだけ。

アナログ16色ボードを搭載したPC-9801VM、またはそれ以降のGRCG搭載機のうち
デジタル(8色)出力でデジタルモニタに出力した場合は、
VRAMのRGBI4プレーンのうち1〜3プレーン、つまりカラーコード0〜7のみが出力され、
Iプレーンの属性は無視される。

16色モードを使うソフトなら、普通は画面モードと16色環境の有無を事前にチェックするから、
大抵は起動時にハネられる。

テキストVRAMしか使わないツールでも、親切なツールの中には8色モード用の設定や
8色モードを使うオプションが設定されたものもあったが…


>おまえがわからない。

俺には、>296と>298の方が訳わからんよ。
デジタル(8色)モニタには、色信号はデジタル(on/off)しか乗せようがない。

DIN8pinの端子の時点で色信号はTTLデジタルでしかないし、
この信号は98(VM以降)で主流だったDSUB15pinアナログとは互換性も無い。



300 :◆cplnFO9T0I :04/01/09 17:06
>>299
その解説で>>296の疑問は解決だと思われ。

301 :名無しさん:04/01/09 17:27
>>299
>DIN8pinの端子の時点で色信号はTTLデジタルでしかないし、
そうでもないよ。その形状でアナログもあった。

302 :名無しさん:04/01/09 17:46
MZ-2500シリーズ用の『レイドック』は、
CRT側のスイッチをデジタルに切り替えないと、
ちゃんとした発色にならなかった記憶がある。

本体側DIN8pin、CRT側は角型のコネクタだよね。
このコネクタで、アナログもデジタルも混在してたんじゃないかな。
MZに限らず、X1系とかPC-8801系とかPC-9801系とか。
当時でも256色だの4096色中16色だの、デジタルじゃない機械はあったから。

303 :名無しさん:04/01/09 23:14
PC-9801RXには、デジタルCRT用出力とアナログCRT用出力の2つがあったぞ。
2台のCRTを繋げて16色のゲームをやったことあるけど、なかなか面白かったよ。

304 :名無しさん:04/01/09 23:28
PC-98用ゲームでアナログ16色と液晶8階調とか選択肢あるもの存在するけど
この場合は液晶8階調とデジタル8色ってやっぱ違うの?

305 :名無しさん:04/01/10 09:09
>>304
モノクロの8階調。

306 :名無しさん:04/01/11 22:29
>>304

elfのゲームには必ずその機能付いてたな。
俺はPC−386NAS(ASだかARだかうろ覚え。486がNARだっけか?)を使ってたから嬉しかったな。
98ノートは知らないけど、エプノートは白黒反転が出来たっけ・・・。

・・・年末の大掃除で MICOM LIFE という雑誌が出てきた、1983年3月号。
  特集記事は、「CP/M研究」

307 :名無しさん:04/01/12 23:50
モノクロのNEC98ノートでも白黒反転できるよ。

308 :名無しさん:04/01/14 03:51
「カラー液晶ノートPC」なんてのもある意味死語だなぁ。


309 :れーざーv(^^)v:04/01/15 17:50
>>216
古い話で恐縮。
AMR(おーでぃおもでむらいざあ)AC'97とMC'97用
ACR(おーでぃおこみゅにけーしょんらいざあ)AC'97とPHY用
CNR(こみゅにけーしょんねっとわーくらいざあ)MC'97とPHY用

だったかなあ?何つなぐかACRは忘れた。
今や全部オンボードなのでイラネってことですね。

310 :名無しさん:04/01/16 16:55
アナログ回線用のモデム自体が死語といえるかもよ。
でも今のマシンでも56kモデムとか結構装備率が高い。

311 :名無しさん:04/01/17 14:02
WindowsCEって死語なの?
M$のやる気の無さに導入を見送っていたが、もう欲しくなくなったよ…。

312 :名無しさん:04/01/17 21:31
>>310
確かに日頃は何の役にも立たないが、
引っ越しとかでADSL使えないときがあったりなどと考えると、
モデムが一つもない状況はチョト不安。


313 :名無しさん:04/01/18 18:16
>>306
PDA界ではメジャーだと思うが。
この前の災害なんとか訓練でもCE機使ってたし。

314 :名無しさん:04/01/19 06:39
レーザー焼き切れ防止保守。

315 :名無しさん:04/01/19 06:41
レーザー焼き切れ防止保守。

316 :れーざーv(^^)v:04/01/19 10:10
>>311
Windows mobileに改名中

317 :名無しさん:04/01/19 23:21
PowerWindow
車の電動の窓開け閉め装置のことではない。
カノープスから発売されたグラフィックボードの名称。
Win3.1登場前後から発売されてこの名称をWindows98登場時期まで使われたが
最近は使われてないと思った。SPECTRAとか言うのに変わったんだっけ?

318 :名無しさん:04/01/20 00:15
>>317
スペクトラシリーズは完結した模様
最近出たカードには別な名前がついてた(名前は失念しました)

319 :れーざーv(^^)v:04/01/20 15:13
>>318
ビデオカードのブランドとしてはスペクトラしかなくって、在庫のみって感じですな。
かのぷはビデオカードはやめて、キャプ-AV編集機器に特化していくんだと思われ

320 :名無しさん:04/01/20 23:06
>>316
Windows Mobileは確かにWindowsCEベースだけど、
WindowsCEはWindowsCEでちゃんと存在してるよ。

321 :名無しさん:04/01/21 01:19
>>319
違う
新シリーズが出たんだよ
但し、nVIDIAのリファレンスそのまんまのカードらしいけど
確か、FX5700のカード

322 :名無しさん:04/01/21 04:47
ポケットPCもタブレットPCも死語に近いかな


323 :れーざーv(^^)v:04/01/21 17:30
>>322
Palmも死語?

324 :初心者:04/01/21 18:33
Cドライブって何ですか?

325 :名無しさん:04/01/21 21:16
>>324
Hを目的にドライブに誘うこと



>>322
ポケットPCは死語かも
タブレットPCはまだまだ現役

326 :名無しさん:04/01/22 16:22
>>325
逆ジャねーの?

327 :初心者:04/01/22 17:04
え、てことはダブルクリックしちゃうとあまりよくないんだ・・・
変なページにつながっちゃうの?

328 :名無しさん:04/01/22 18:17
>>325-326
ポケットPCもタブレットPCも、新製品は出てる。
MSはタブレットPCに注力してるらしいけど、どうなんだろうね。
「スタートレックみたい」なんて喜んでる奴もいたりして。

329 :名無しさん:04/01/23 10:12
Cドライブはともかく、Bドライブは使われてないよな。
昔はフロッピーディスクドライブが2基あってAとBだった頃の名残り。


330 :名無しさん:04/01/23 10:25
>>329
pc9801はドライブレターは有無を言わせずにAから割り振っていましたね。(マルチブートを除く)
だから人のマシンを触ると、どのドライブが何のデバイスか直感的にわからなかった。


331 :名無しさん:04/01/23 12:07
PC-98だとMOなどから起動しると更に訳分からん状態に…。

332 :名無しさん:04/01/23 21:05
漏れのパソコンはマイコンピュータに15個アイコンが並んでるからわかりにくいぞ。

333 :名無しさん:04/01/23 22:22
>>330
x68kもそう。
だから人ん家でx68kを触る時は必ずdrive (enter)する。


334 :名無しさん:04/01/23 23:35
物理ドライブは12個くらいは並べたことあるけど。
FDD2、HDD2x4(パーティション)、MO、CD
誰か物理ドライブが26を超えたヤシいる?

335 :名無しさん:04/01/24 00:21
>>334
> HDD2x4(パーティション)
ツッコミすまんが、これは物理ドライブとしては2個だろ。

論理ドライブなら、26個くらい難しくないと思うけどもな。

336 :名無しさん:04/01/24 02:46
昔のアスキーで何かの実験のためにドライブを増やしまくってた記事があったような…
論理か物理かすら忘れちゃったけど

337 :名無しさん:04/01/24 17:17
うちはSASI接続なので、そんなにドライブを付けられません。。・゚・(ノД`)・゚・。

338 :名無しさん:04/01/24 19:12
>>335
そうか、パーティション=論理と考えるほうが一般だったか。
漏れはPC-98使う時代が長かったのでパーティションが各自独立した構成だった影響から物理的なものと思っていた。
MS-DOS起動時のエラーメッセージにも「物理ドライブが26を超えています」とか言うのがあるらしい。
マニュアルに書いてあった。

339 :名無しさん:04/01/25 18:53

すいませんが、なに言ってるんだかわかりません
どなたか解説していただけませんか?
どんな時代だろうが、パーティションのことを「物理ドライブ」と呼ぶのを聞いたことがないんだが

340 :名無しさん:04/01/25 23:06
>>339
きっと、ディスクをレーザーで焼き切って、物理的に分けるんだよ。

341 :名無しさん:04/01/26 00:29
神経がレーザーで焼き切られている人の考えなんて、凡人には理解できません。

342 :名無しさん:04/01/26 10:06
>>338
単に
ドライブが26を超えてる。
だす。

343 :名無しさん:04/01/26 10:12
>>336
AT互換機でならWIDESCSIで15台×4枚挿しの62台やったよ。(雑誌の実験記事書いた)
ええ、結果?
MS-DOSは起動できず。
NTはドライブマネージャが「接続はしてるけどアサインしない放置プレイ」
しばらくしたら、電源が死んだっす。(HDD用電源でもこんなにあるとキツメ。ちなみにチーターなので消費電力ばりばり)

ついでに、ビデオカードも何枚させるかチャレンジした。
7枚まで逝けた.。でもPCIビデオは遅かった。

344 :名無しさん:04/01/27 01:32
Z: の次にAA: があればいいな・・・w

345 :名無しさん:04/01/27 10:09
>>344
Excelみたいだ(w
マジレスすると、ドライブ名を1文字と仮定してるソフトは全滅しちゃう。

346 :名無しさん:04/01/27 10:53
>>345
ビジコンや嶋さんが4004の特許を出して通っていれば、PCの標準は「日本語」になっていたろうに・・・
んで装置名は「あ」から「ん」までの51文字で倍のドライブが使える。

う:> 複写 ぬ:*.*>る:
ああ、使いやすそう(w

347 :◆cplnFO9T0I :04/01/27 17:14
>>346
そしてアルファベットも使えれば・・・・
35+3+10+1+26=74装置対応だな。

348 :名無しさん:04/01/27 17:56
>>347
拗音や濁音などもあわせればもっと行くんじゃ?
あと大文字小文字に数字(w

349 :名無しさん:04/01/27 19:06
>>346
CPUは関係ないだろ? DOS、OSが管理してるんだから
ファイル名だって昔は8文字までしか使えなかった
後から拡張することは可能だろう

関係ないが、埼玉県に浦和学院というマンモス高校があり、1学年26クラス以上あるらしい
AからZまで使って、それでも足りないので1からの数字を使って追加したらしい


350 :名無しさん:04/01/27 20:53
>>349
ふつーに3年25組とかにすればいいのに。

351 :名無しさん:04/01/27 23:01
>>346
久しぶりに爆笑した。
センスいいよ、あんた(w

352 :名無しさん:04/01/27 23:42
>>349
H組とかY組とかあらぬ誤解を受けそうだな。

353 :◆cplnFO9T0I :04/01/28 15:28
>>348
一文字じゃないとまずい
半角での話だ。
よって35+3+10+1+26+10=84装置になる。

354 :名無しさん:04/01/28 15:57
そんなに繋げる機会あるのかと。

355 :名無しさん:04/01/28 16:32
>>353
各項の数字は何?
右と左それぞれ94文字だから、188文字以下なのは同意。

>>354
ディスクファーム。
…をWindows系で組むのは怖そうだな。

356 :◆cplnFO9T0I :04/01/29 15:22
>>355
>>353
>各項の数字は何?
というより間違えた。
35+3+5+3+26+10=82装置になる
まず日本語の『や』より前、そして『や』行、
次に『ら』行、そしてまた次に『わをん』そして、アルファベット。
最後に『0〜9』ですよ。
>右と左それぞれ94文字だから、188文字以下なのは同意。
ここの意味がわからない。詳細ギボン。

357 :355:04/01/29 18:34
>>356
>>右と左それぞれ94文字だから、188文字以下なのは同意。
>ここの意味がわからない。詳細ギボン。
ISO-2022。GLとGR。

358 :名無しさん:04/01/30 10:06
>>349
日本で特許取っていればインテルじゃなくって日本のメーカーがPCのデファクトスタンダードを作って「日本が起源」のOSとかが
世界標準になっていたろうなあ。とか思ってみただけっす。

359 :名無しさん:04/01/30 11:22
>>358
だからチップとOSの発祥国は関係ないってば。
…もしかして、Linusは米国人だと思ってる?

360 :名無しさん:04/01/30 11:30
昔のパソコンじゃあ0:ドライブ、1:ドライブっていうのもあったぞ。
1と2もあったけど。


361 :名無しさん:04/01/30 11:31
>>359
北欧発祥だっけ?

362 :名無しさん:04/01/30 12:28
ザナドゥ

ゲームではない。万民図書館、どこでもリンク。
提唱者がそのプロトタイプを作っては壊し作っては壊ししてる間に
インターネットがその理想を矮小化して実現してしまったような気がする。


藤沢の本屋でよく立ち読みしてたそうだが。

363 :名無しさん:04/01/30 13:16
>>359
悪いがこっちはリアルタイムで開発系の人間として4004から付き合ってた人間なので、
君の言うことは判っているがシャレに無粋で頓珍漢な突っ込みされても困るんだよな。
とはいえ、新しいマイコン技術の開発はアメリカ主導で行われてきたのは知ってるよな?
日本人技術者は「とにかく英語の資料をまず訳して理解する」という手間があったので
英語が共通語の欧米に遅れていったというのは、わかるな?
日本で8080が開発されていたら「日本語」がPC界のスタンダードになっていたと思う。
ほれ、日本製アニメのヲタクの世界では「日本語」が世界共通言語なんだ。
吹き替えじゃなくて日本語で話してるオリジナルこそ至高という人間多いからな。

ちなみにLinus君が米国の市民権取ったら米国人になるかねえ。(たしかまだキャリフォルニアのTransmetaに在籍してるはず)
娘さんたちは米国国籍持ってるね。生地主義だから<米国

欧米の言語は、お互いに似てるから公用語でなくても使える人は多い。日本語は世界にまれに見る独特な文法を持つ国だからね。

ところで、君は本格的なOS(DiskBASICのような物ではなく、君に判りやすく言うとMulticsやVMS)の発祥はどこの国だと思ってる?

364 :名無しさん:04/01/30 14:33
日本語環境が早期に標準になり得なかったと言うのはコンピュータ上では扱いにくかったからってのもあるんじゃないの?

365 :名無しさん:04/01/30 14:55
>>363
PCのOSの起源はウリナ(ry

366 :名無しさん:04/01/30 15:02
>>365
PC が ウリなら VMS もウリだな。
OS 分野も韓国が起源とは。。。
やれやれ。


367 :名無しさん:04/01/30 15:45
>>366
そりゃ、幼稚園児を斧で襲う起源もウ あ。なにするんだっ!ぐkjwopidgjhじv

368 :359:04/01/30 17:44
>>361
フィンランド。

>>362
テッド・ネルソンだね。彼は元気にしてるんだろうか。

>>363
奇遇だね、俺もリアルタイム系の開発をしてたよ。
i4004の必要があってインテルに発注したのは日本の会社で、米国主導ではないぞ。

うーん、レーザー注意報か?

369 :名無しさん:04/01/30 18:11
半導体レーザー発祥は日本ですよ。
昨日も日立のレーザー関連の技術者が勝訴したんだっけ?

370 :名無しさん:04/01/30 19:19
>>369
そうじゃなく。>>227-240参照。

371 :名無しさん:04/01/31 02:54
すまん、レーザー便乗でマジネタ振っただけだ。

372 :名無しさん:04/01/31 16:42
どうも最近は、稚拙な知識で人につっかかって自滅する奴が多いな。
尊大な態度さえとらなきゃ許容されるだろうに。

373 :名無しさん:04/01/31 17:15
>>369
会社側の控訴はどうなった?


374 :名無しさん:04/01/31 17:18
>>372
レーザーで脳の神経細胞焼き切られているので仕方ないよ。

375 :名無しさん:04/01/31 20:25
レーザー君も米国至上主義君も、その後のフォローがないね。

376 :名無しさん:04/02/01 10:07
セカンドキャッシュが懐かしい.......512K有ると加速!!

377 :名無しさん:04/02/01 11:08
>>374
どうせなら、プッツンになる回路を焼き切っておいてくれたらいいのにね。
よく考える、気を使う、調べ直すにつながる方の回路が切れているんだな。

378 :名無しさん:04/02/01 11:09
回路じゃなくて経路か。

379 :名無しさん:04/02/01 13:24
30行計画は死語になったかな?


380 :名無しさん:04/02/01 13:48
レーザーと言えば、ICチップに必要事項をレーザー刻印していた(現在もかな?)ものがあるらしいが
NECのニセブランドDRAMを出した悪徳業者がいた。
レーザー刻印すると文字が微妙に掘られるのだが、偽物はただの印刷らしく表面がつるつるだった、とのこと。

381 :名無しさん:04/02/02 18:12
>>360
シャープは0,1
NECは1,2だったような。
0,1の方がコンピュータっぽくて良いが、漏れはNEC派だったので0,1は違和感がある。
ドライブのアルファベット表記はMS-DOSなどで、数字表記はN88-BASICだった。
発言が厨くさくて申し訳無い。

382 :名無しさん:04/02/02 20:43
ORB

383 :名無しさん:04/02/02 21:51
バブルメモリ(FM-8)

384 :名無しさん:04/02/03 02:30
clik!

385 :名無しさん:04/02/03 02:32
PD

386 :名無しさん:04/02/03 08:51
>>385
寿命は短かったね。持ってるよ俺。
DVD-RAMのご先祖みたいなモンだな。

>>381
>発言が厨くさくて申し訳無い。
全然そんな感じしないよ。

>>382
それ何? 詳解プリーズ。

387 :名無しさん:04/02/03 09:58
>>386
コレ。
http://www.castlewood.com/


388 :名無しさん:04/02/03 13:33
欧米は磁気媒体好き、国内メーカーは光媒体好き…って感じだったな。

ZipもORBも滅びたけど今でもMOはニッチで生き残っている(堅牢性では随一だ)し、
PDも殻つき対応のDVD-RAMドライブでなら読める。


389 :名無しさん:04/02/03 14:24
>>380
> ZipもORBも滅びたけど

http://www.iomega.com/jp/zip/index.html
もうちょっとだけ続くんじゃ。



390 :名無しさん:04/02/03 14:36
>>388
最初期に出た栗の松OEMドライブはPD読めなかった。鬱

391 :名無しさん:04/02/03 14:38
>>389
i o m e g a 必 死 だ な 。
状態ですね。750MBって廉価ストリーマーのQIC(700MBくらいが安く買える)の置き換えくらいのつもりかしらん?

392 :名無しさん:04/02/03 19:28
>>386
>DVD-RAMのご先祖みたいなモンだな。
230MBのMOディスクより大容量で高性能な記録媒体の開発が各社で行われていたとき
松下は先行でPDを出してわずかに普及した。自社の一部のパソコンに採用した。WOODYと言うヤツ。
NECも一部のPC-9800シリーズに採用した。
しかしSCSIではなかったのでWin95ですら別途ドライバが必要だったのが難点。
SCSIならBIOSで認識してMOと同じく起動まで出来るのだけど…。
PDはCD-ROMが読み取れるという利点もあった。というか、それが最大の売りかな。
一方でソニーはHSという他とは非互換のドライブを出して普及しなかった。
前スレでも出てきたと思ったが。
東芝は5インチサイズの独自の相変化メディアを開発していたが、
途中で開発断念してDVD-RAMへつなげる結果を残したようだ。松下と歩み寄りがあったかも?
ちなみに富士通は現行のMOディスクとCD-ROMが排他的に利用できるドライブを開発していたらしいが
知らん間に開発中止したらしい。

>>388
>PDも殻つき対応のDVD-RAMドライブでなら読める。
初期の松下ドライブのみだけどね。両面5.2GBドライブ。PD書きこみも出来る。
両面9.4GBドライブでは読み書きできないとのこと。
漏れはそれを承知で2.6GBのSCSIのDVD-RAMドライブを中古で購入した。
当然DVD-ROMも読み出しできるのでパソコン上でDVD鑑賞に役に立っている。
DVD-RAMは殆ど使っていなかったのだが最近バックアップ用として使い始めた。
DVD-Rドライブが欲しくなったのだが、PDマンセーの漏れとしては潔しとしない。
CD-RWドライブと置き換えようかな。DVD-RドライブはSCSI対応なのが無いのがネックだが。

長文スマソ。

393 :386:04/02/03 22:18
>>392
>しかしSCSIではなかったのでWin95ですら別途ドライバが必要だったのが難点。
俺のPDはSCSIだよ。パナのLF-1001。

394 :名無しさん:04/02/04 03:12
漏れのPDもSCSI
東レ(松下OEM)の奴
TD1600AT

395 :名無しさん:04/02/04 16:52
392の脳内では、SCSIのPDはレーザーで焼き切られますた。

396 :名無しさん:04/02/04 22:02
なんとなく、デタラメな事を書く奴ほど長文なのは気のせい?
レーザー君もそうだったし。

397 :名無しさん:04/02/04 23:19
なにせ昔のことだからな、記憶も曖昧になるよ。
TEAC は IDE モデルだけだったっけ?



398 :名無しさん:04/02/05 08:48
曖昧という認識が本人にあれば、断定する文体にはしないと思われ。

399 :名無しさん:04/02/05 13:43
>>398
スマソ。記憶が曖昧なのは自分のことなんだが、意味
を取り違えやすいな。

[訂正]
なにせ昔のことだからな、記憶も曖昧になるとおもわれ。
TEAC は IDE モデルだけだったっけ?


400 :名無しさん:04/02/05 17:17
>>393
>>394
>>395
話がごちゃごちゃ過ぎて誤解されてしまったみたいだが
SCSIモデルが先行で投入されたって書くべきだったかな?
NECが98本体に内蔵させたPDはすべてATAPIだったということ。
Woodyで採用されたのはSCSIモデルだと思った。

>>396
文書が長いとそれだけボロが出易いと言うのもあるので突っ込みされても反論はしないが、
出鱈目呼ばわりはちょっと心外だ。
あ、別に言い争うつもりは無いからお互いにまたーりとネタ披露していこうや。
もちろん、ちゃんとしたカキコできていなかったことは反省しているよ…。

401 :名無しさん:04/02/06 22:07
>>400
>話がごちゃごちゃ過ぎて誤解されてしまったみたいだが
>SCSIモデルが先行で投入されたって書くべきだったかな?
そりゃ書くべきだったんじゃないかな。
なにしろ元の文章ではSCSIが存在しないかの様に書かれてるから。
書かれてる通りに文意を読み取ったんだから「誤解」じゃない。

別にさ、生活板とかだったらスルーするかもしれないけど、
いい加減な知識を広めるエンジニア(じゃないかもしれんけど)が許せないだけ。

402 :名無しさん:04/02/07 00:10
>SCSIならBIOSで認識してMOと同じく起動まで出来るのだけど…。
ここを正しく解釈できたかどうかによる。
あいまいな書き方には変わりないのだが。

403 :名無しさん:04/02/09 14:32
>>402
もしもSCSIモデルが存在したなら、BIOSで認識できてMOのようなリムーバブルドライブからの起動も可能だったろうに・・・

と読む奴が出ているね。

SCSIモデルの方はBIOSで認識してMOと同じく起動まで出来るのだけど、IDEモデルときたらもう。

こう書けば、問題は出なかったろうね。

日本語の勉強がんがれや。>400

404 :名無しさん:04/02/10 01:32
SCSIもいずれ死語になるのかねえ
X68000はたしかSASIだったな 1台しか接続できないの


405 :名無しさん:04/02/10 09:26
X68はSCSIあったと思ったけど。中期以降のモデルかな?
ついでにMOはHDDモードで使わなければならなかったと思う。
Logitecのマニュアルにそう書いてあった。
この場合、起動時にメディアをマウントしなければならず、途中の交換も出来ないと思う。
FM-TOWNSも同様なことが必要だと書いてあった。

406 :名無しさん:04/02/10 09:55
SASI、懐かしいねぇ。まだ単位がMBだったな。
そう言えば。
SASI→SCSIでシュガートアソシエイツ社の名前が消えて、
HP-IB→GP-IBでヒューレットパッカード社の名前が消えて、
でもセントロニクス社の名前ってずっと残ったね。
ジョイスティックの「アタリ仕様」ってのも名を残した内に入るかな。

407 :名無しさん:04/02/10 10:25
X1はSCSIでしたね。
USBメモリもデータをやり取りするコマンドはSCSIですから
まだまだSCSIが死語になることはないかと。

408 :名無しさん:04/02/10 10:33
>>406
ミニフロッピ(5インチ)作ったシュガートアソシエイツ(HDDのシュガート→シーゲートとは別会社)もあぼんしてしまったしなあ。


409 :名無しさん:04/02/10 12:26
>>407
それ、ホント?
SCSIってそれほど古くなかったと思ったけど…。

>>408
それ、ホント?
SASIのシュガートと5FDのシュガートアソシエイツっていうのは別物だったのか…。
ちなみに5インチでミニフロッピなのは知っていた。NECのFDパンツ(入れ物)にそう書いてあったし。
ついでにIBMではフロッピはディスケットって言う名前で商標になっているね。

410 :名無しさん:04/02/10 13:23
X1 turboでした。
CZ-500H(10MB HDD)ってSCSI接続だったと思っていましたが、
嘘だったらごめんなさい。

411 :名無しさん:04/02/10 13:45
>>409
FDパンツってエンベロープのことだよね?
この言い方は初めて聞いた(w


412 :名無しさん:04/02/10 13:55
>>411
その通りなのだが、2ちゃんのPC関連の板でも最近使われた。
ゲーム雑誌ログインでも頻繁に使われた。

413 :名無しさん:04/02/10 15:44
>>411
昔のPC板に行くといいよ。昔はよくつかってた。
エンベロープが無くなったディスクを「ノーパンディスク」とも言ったもんじゃ。

414 :名無しさん:04/02/10 15:46
>>410
CZ-500HはX1用SASIハードディスクです。

415 :名無しさん:04/02/10 18:05
>>413
その場合1枚のパンツに複数のFDを入れるとか、良くやったよ…。
一般ゲームの中には5枚のFDに1枚のパンツとかやっているところもあった。

416 :名無しさん:04/02/11 00:43
>414
そうでしたか。
やってしまいました。
ごめんなさい。

417 :名無しさん:04/02/11 00:53
>>404
X68kはSUPERからSCSIになったよ。

418 :名無しさん:04/02/11 12:35
>>413
「ノーブラ、パンツ無し」 これ最強。

419 :名無しさん:04/02/11 13:34
>>381
NECの文豪miniは0番1番になってたぞ。

420 :名無しさん:04/02/12 11:53
>>418
ノーブラって、要するにブランクディスクじゃないってこと?
そんなのパンツ無しで放置なんて危ないよ。

…じゃなくてノーブランドでジャケット無しの製品かな?
そんな妖しいもの素人の漏れには買えません。

421 :名無しさん:04/02/12 13:59
>>420
あれ?最近でもノーブラって言わないかな?
バルクとかジャンクとかって表現が多くなっているんだろうか。

ノーブランドのFDには結構やばいのもあって、
どこまで本当か分からないけど、トントンと叩いたら記録がとぶものがあったとか、
まあそういう話はいろいろ聞いたことがある。

何枚かに一枚とかで不良品があっても、全体が圧倒的に安ければ、という
考え方もあるんだけどね。

422 :名無しさん:04/02/12 21:25
漏れは初めてFDを買うとき、小島電気でホコリ被った256とか書いてあるものを手に取ったけど
256? 1MBないやん、と思って買うの却下したよ。ノーブランドではなくTDK製。
あとで友人に聞いたらそれはセクタ長のことだって言われた。
256Byteセクタフォーマットされていたってことらしい。MS-DOSだと1024Byteフォーマット
(厨:PC-98のMS-DOSの標準フォーマット)になるのでもう一度フォーマットしなければ意味ないやん
とおもった。もしかしてN-88BASICで使えると言うことなのかな?

423 :名無しさん:04/02/13 00:10
>>422
あくまで「なんとなく」だけど、フォーマット済FDであっても
自分でフォーマットせんと気が済まないと思ってる奴はいるよな。
ってゆーか俺はそうだ。どーですか。
それに、未フォーマットとフォーマット済で値段が違う事もあるし(後者が高い)。
最近はFDなんて買わないから判らないけど、今でも値段が違ったりする?

424 :名無しさん:04/02/13 00:52
フロッピーディスクは、ノーブランドでもそれほどエラーが
出るわけでもなく普通に使えたのはよかったなあ
CD-Rや記録型DVDなんて、安い海外製買って焼きミスした時の
ショックは大きい


425 :名無しさん:04/02/13 07:24
>>424
やっぱ容量と焼き時間かねぇ、ショックの大きさ。
その内、今のCD-RやDVDが、昔のFD程度の感覚になるのかな。

426 :名無しさん:04/02/13 10:46
>>423
Windows用とかMAC用とか書いていない、
未フォーマットディスクをあまり見かけないような気がする。
と思ったので調べてみると、
マクセルはアンフォーマットがあるけど、
http://www.maxell.co.jp/products/consumer/fd/index.html

イメーションやTDKはないみたいだし、
http://www.imation.co.jp/products/pc_media/fd/
http://www.tdk.co.jp/tjbbf01/bbf15000.htm

ソニーは3枚組にだけ残っているのかな?
http://www.ecat.sony.co.jp/mediabattery/fd/index.cfm?B2=117

5インチ製造中止の告知なんか載っていたけど、
8インチなんてもうどこでも作っていないかな?

427 :名無しさん:04/02/13 10:53
>>426
8インチはずいぶん前に全メーカー生産完了と。
店頭在庫しかないけど、最近はまた値段がするすると上昇して買いにくくなってまつ。

428 :名無しさん:04/02/13 13:05
出荷前検査の副作用(?)でフォーマット済になってる、と聞いた事がある。
ホントかなぁ。

429 :名無しさん:04/02/13 13:13
>>428
いわゆるIBMフォーマット(IBMの端末用でPC/ATとかではない)でフォーマット検査されてます。初期のPC-9801でいうとDISK-BASICモードでフォーマットされてるやつみたいな。


430 :◆cplnFO9T0I :04/02/13 17:15
>>429
DOSフォーマットではない。
と言うのが正しいと思われ。

431 :名無しさん:04/02/13 18:45
会社には誰のものかわからない8インチとか5インチのフロッピーが
数1000枚たんいで、ほっとかれてるんだけどね。

432 :名無しさん:04/02/13 21:27
会社の顧客に5FDでデータを渡す必要があってさあ困った。
家の中を捜すと腐るほどディスクはあるのだがみんなPされたゲームディスクでご丁寧にもラベルが貼ってある。
どうしてもラベル無しなのは見つからんかったのでダミーで無記名のラベルを重ね貼りした。
全部で20枚くらいになったかな…。
PC-9821As2/M2で必死にデータをFDに書き出しますた。

433 :名無しさん:04/02/13 22:48
432 ご苦労様

SASI40まだ在命中

434 :名無しさん:04/02/13 23:20
漏れのPC-9801RA51のSASI40MB、まだ動くかな?
2年前はちゃんと動いていた。

435 :名無しさん:04/02/14 07:24
434 こっちと同じ物じゃん(95も入っていたり)

436 :名無しさん:04/02/14 21:31
俺のは流石にWin95はいれていない。
友人のRA51にはWin98入っているかもしれん…。
但しSASIではないと思うが…。

437 :名無しさん:04/02/15 15:48
>>424
そうですか?
漏れはソニー・TDK・マクセルのフロッピーディスクしか信用できません…
DENONのフロッピーディスクは5年で全滅したし。

438 :名無しさん:04/02/15 17:33
5インチと3.5インチのデュアルドライブというものがあった
メディア間のコピーがとっても便利
これが本当の「マルチメディア」だ


439 :名無しさん:04/02/15 17:51
昔、ASCII誌の冗談めいたコーナーで、「どんなファイルでも確実に縮めます」っていう
バッチのプログラムが載ったのを思い出した。
8インチから3.5インチへファイルコピーする奴だったんだけどさ(w

440 :名無しさん:04/02/15 18:23
>439
それのバリエーションで「どんなファイルでも10バイトに圧縮します」ってのがなかったっけ。
詳細を忘れてしまったが。

441 :名無しさん:04/02/15 18:46
どんなに巨大なファイルでもつまようじ1本にセーブできる
デジタルデータ0と1の組み合わせなので、それを長さに置き換えて
つまようじに印をつけるだけ


442 :名無しさん:04/02/15 18:49
>>440
たとえば、映画1本まるごと入ったDVDだって10バイトに圧縮できるよ
10バイト(2の10乗)に映画の題名を重複しないように記録すればOK
データはどうするかって?
どっかよその所から引っ張ってくるのさ(笑)


443 :名無しさん:04/02/15 18:50
>>442
1024本超えたらアウトじゃん
16バイトで65536本は欲しいところだな


444 :名無しさん:04/02/15 22:28
いまだにVz Editor 1.6を使っていてEMS必須な俺って・・・

445 :名無しさん:04/02/15 23:44
>>443
10バイト=80ビット=2^80≒10^24
くらいは記録できるわけだが

446 :名無しさん:04/02/16 00:19
>>445
443が間違えたのは、元の442に「10バイト(2の10乗)」などと書いてあるからと見た。
レーザー君光臨か?>>442

447 :名無しさん:04/02/16 00:42
IODATA の BMS はどうなったんだろうか。。

448 :名無しさん:04/02/16 11:45
>>444
いるんじゃないか、VZから離れられないって人。
俺は呪縛を断ち切って適当にいろいろ使っているが、
VZメインだった頃にもMIFESとかも使ったりしていたからなあ。


449 :名無しさん:04/02/16 12:52
VZでもEMSが必要なほどのでかいファイルは扱ったことが無いなぁ…。

450 :名無しさん:04/02/16 18:01
>>447
一部のゲームにディスキャッシュ主体として使用されたが。
漏れはプロテクトメモリをディスクキャッシュとして使ってくれたほうが嬉しかった。
ゲームのRAMディスクの為にわざわざバンクメモリ買ってもロクに使わずに
ゲームがHDD対応に変わっていったよ。

451 :447:04/02/16 19:17
>>450
おお!ご存じの方がいましたか。
漏れは RAMDISK にして ATOK の辞書しかいれてなかったが
そんな使い方があったんだね。


452 :名無しさん:04/02/16 22:21
バンクメモリはCバスの10MHz駆動だから、動作クロックが20MHzとか25MHzくらいになってくると、
お尻の128KBにかかったプログラムの実行速度がむちゃくちゃ遅くなったりしてアレだった。

とはいえ386だと、仮想86を使って仮想バンクメモリを使うにしても、
I/Oトラップのペナルティとか考えると正直微妙なところだったしなー。
仮想EMSもRA21あたりだと、正直パフォーマンス的にはどうなのよって感じだったし。

486になってからはもう、プロテクトメモリで仮想86+EMS+XMSでマンセーだったけど。
けど486の時代になってもCバスバンクメモリ信者がいたりして笑えた。


453 :名無しさん:04/02/17 11:00
>>452
>けど486の時代になってもCバスバンクメモリ信者がいたりして笑えた。
450だが、マシンをPC-9801FAに替えた時も少しの間バンクメモリ使ったよ。
ゲーム用途というのは言うまでも無い…。
こんな漏れも信者の一人かな?
その後、そのバンクメモリは友人に買収された。
I/O DATAのPC-34RとかいうCバスメモリで2MBだった。
ソフトウェアによる切り替えでハードウェアEMS、BMS、Cバス用プロテクトメモリとして使用できた。
今は会社のゴミ捨て場から拾ってきたメルコのCバスメモリ(4MB)を保管している。

454 :名無しさん:04/02/17 11:08
>>452
>仮想86を使って仮想バンクメモリを使うにしても、
仮想86EMSのこと?
仮想バンクメモリってそう言う使い方できたのかな?
もっとも漏れの場合FD起動のゲーム利用だから無理だったかな…。
恐らく仮想バンクメモリはドライバ組む必要があるとおもうのでFD起動ゲームでは無力だとおもう。
EMS利用できるゲームもハードウェアEMSじゃないと駄目かな。
仮想86EMSが使用できるゲームはDOSベースじゃないと駄目だろうし。
HDD専用+EMS使用するゲームが末期にあったけど何で早期からそうしなかったのか、と思った。
ルナティックドーンUなんか酷いよ。独自のスワップファイルを使っている。
DOSコマンドでRAMDISKかなんかにおけるように設定するとHDDアクセスが減るらしい。
漏れの場合はSMARTDRV.EXE(Win3.1用)でライトバックキャッシュを4MBくらい取ってやっと遊べるレベルになった。

455 :名無しさん:04/02/17 12:59
RAMDISKといえば、本体メモリが 640KB(フル)
実装で RAMDISK領域を 128KBとか 384KBを
割り当てるドライバがあったな IOだったっけか?
MSDOS 1.2? + RAMDISKドライバ(日本語辞書
用) + ATOK4?5?とかでぎりぎり日本語が使える
DOS boot DISK(8inch の 1.25MB フロッピ)が
作れた。いまとなっては昔ばなしだが。

456 :名無しさん:04/02/17 17:08
メインメモリ640KB上限の中からいくらかをキャッシュに割り当てられるゲームはあった。
メインメモリ256KB利用してで残りをディスクキャッシュとして扱う、とか。

457 :名無しさん:04/02/18 00:41
>>仮想86を使って仮想バンクメモリを使うにしても、
>仮想86EMSのこと?
>仮想バンクメモリってそう言う使い方できたのかな?

80386のメモリマッピング機能を利用して、仮想バンクメモリ(0x80000〜)を実現できた。
そういうドライバも存在した。EMS(C0000〜)とは違う。

>恐らく仮想バンクメモリはドライバ組む必要があるとおもうのでFD起動ゲームでは無力だとおもう。

仮想86ドライバ自体は数キロバイトだから、CONFIG.SYSで組み込むだけ。
ただ仮想86を使うと特定のメモリとI/Oにトラップがかかるから、
そのペナルティでアクセス速度が低下する。

>EMS利用できるゲームもハードウェアEMSじゃないと駄目かな。

ハードウェアEMSでもゲームソフト自体がEMSカードを直に叩いてくれるのでなければ、
結局メモリドライバが必要になる(CONFIGで組み込まなければならない)点で同じ。

>仮想86EMSが使用できるゲームはDOSベースじゃないと駄目だろうし。

386以上のWindows環境では、普通にEMSが使える。
どうやって実現しているかというと、仮想86によって実現している。

>漏れの場合はSMARTDRV.EXE(Win3.1用)でライトバックキャッシュを4MBくらい取ってやっと遊べるレベルになった。

SMARTDRVは遅延書き込みまわりが幼稚だしキャッシュアルゴリズムも稚拙だったので、
相性問題などが無い限り、そのへんわかってる奴はライトスルーでキャッシュアルゴリズムが賢い
他のキャッシュドライバやRAMディスクドライバを使っていましたな。

わからない奴が不便な思いをするのは、いつの世もかわらず。


458 :名無しさん:04/02/18 01:04
>こんな漏れも信者の一人かな?

バンクメモリ(80000H〜)を使うと、本体に内蔵されているノーウェイトのメインメモリの
お尻の128KBが切り離されて、無駄になってしまうんだよね。

それだけならまだしも、512KB〜640KBまでの領域は、Cバスで10MHzで駆動する遅いメモリになってしまう。
さらに486以降では、この領域ではCPUのキャッシュまで無効になってしまう。
ここにスタックやプログラムが置かれると、実行やアクセスにウェイトがかかって
システム全体の動作が遅くなってしまう。

CPUの速度が10MHz前後で、Cバスとほぼ同じ速度で動いていた頃には、
Cバスに挿したメモリと本体メモリに速度の差は(ほとんど)なかったから、
本来ディスクに置いておくようなデータなら、それが半導体の上に載っているだけでも
数千倍は速くアクセスできて、メリットがあった。

だけど、386や486になって今でいうFSBが20MHzとか25MHzとかで駆動するようになると、
10MHzでウェイトまで入るCバスのメモリは遅くてかなわない。
デメリットがメリットを上回ってしまう状況になる。

さらに486以降では、CバスのバンクメモリやEMSへのアクセスはCPUのキャッシュも無効になるから、
EMSに常駐したりレイヤーを置いたりするソフトの実行速度もむちゃくちゃ遅くなる。
(プロテクトメモリを仮想86でEMSに仕立てているなら、CPUのキャッシュは効く)

だから386以降の環境では、Cバスに挿すバンクメモリやハードウェアEMSカードはあきらめて、
本体に内蔵するノーウェイトのプロテクトメモリを仮想86を使って仮想バンクメモリを使うとか、
ページ切り替えのオーバーヘッドが増えても高クロックなCPU/メモリで相殺できると考えて、
仮想86で作ったEMSをRAMディスクに使うとか、XMSをRAMディスクやキャッシュに使うとかして、
メモリアクセスでCバスを読みに行く必要のない環境にしていたワケだ。

ところがそんな時代になっても、バンクメモリの128KB単位のページアクセスの方が、
EMSの16KB単位のページングや仮想86によるトラップのペナルティより高速だ…と
主張するヴァカが居たんだよね。

459 :名無しさん:04/02/18 06:28
メモリに種類があるなんてモトローラのCPU使ってる側からすれば理解できんな
8MBといったら8MBだ それ以上でもそれ以下でもない

ところでメインメモリの「メイン」って何なんだ?
メインと言うからにはサブメモリがあるのか?
それともV(ビデオ)RAMと区別するためか?


460 :名無しさん:04/02/18 09:22
モト信者の話ももっと聞きたいね。
メモリの種類と言うより使用法のことなのだが。
元来、8086(IBMは8088)から始まったCPUではアドレス長が20bitで1MBのメモリまでしか管理できなかった。
旧来のx86系で多少ハードウェアに興味がある人間なら大抵は知っている。
それらのCPU自体は1980年より前のものなのだから今からすれば貧弱なのはたしか。
その制約からかと思うけど、MS-DOSなどは最初は1MB以上のメモリを管理できない。
ユーザメモリは640KB(機種によっては768KB?)しか扱えない。
VRAMや周辺デバイスのI/Oアドレスが640KB〜1MBまでの領域を使用する。
ユーザメモリが640KBしかないのは大量のデータを扱うのにこの上なく不便なので
Lotus、Intel、MicrosoftによってEMSが考案された。(古くはこの三社の頭文字からLIMメモリとも言われたらしい)
EMSのからくりは恐らくこのスレの最初のほうに書いてあるので省略。(手抜きですまん)
EMSのほかに前出のバンクメモリも登場しているのだが、これはPC-9800専用なのか?(他では聞いたことが無い)
80286以降ではアドレス長の増加により1MBを超えるメモリを直接管理できるようになった。
が、拡張デバイスなどの互換性を考慮して640KB〜1MBまでの領域は従来のままで
ユーザは最初から最後まで連続したメモリの扱いは出来ない。これは現在でも同様なはず。

ま、過去に滅びた68系のCPU信者には理解しがたいかもしれんな。
68系のここが優れていた、というのをもっと聞かせて欲しい。

461 :名無しさん:04/02/18 09:56
>>460
68系は同期バスで、回路設計が楽。今の高速デバイスは同期バス型。非同期バスは嫌われる。
あとは、新製品のリリースが遅いので、悔しい思いをしなくて済んだ(w ということくらいか。

ま、俺の心の故郷はMOSテクノロジーなのだが。


462 :名無しさん:04/02/18 10:14
>>460
あ、ちなみにIBM-PC(その亜流の9801)アーキテクチャのしがらみのない組み込み系なんかだとリアルモードからリニアモードに行ったきり帰らない
ものもあるので、連続メモリをアクセスできるようにしているものもあります。


463 :名無しさん:04/02/18 11:09
>メモリに種類があるなんてモトローラのCPU使ってる側からすれば理解できんな
>8MBといったら8MBだ それ以上でもそれ以下でもない

そんな事もないよ。
MacだってNuBUSのメモリは遅かったし、X68000でもXVI以降では
汎用スロットに挿した分のメモリのアクセスは遅かった。

プログラムやスタックは内部増設(ノーウェイト)の速いメモリを使い、
遅いメモリ領域を決め打ちしてディスクキャッシュに回す、
なんていう設定を可能にするドライバやTIPSもあった。

比較的最近のコンピュータでも、ゲーム機などでは速いメモリと遅いメモリを
混在させて搭載するような事は当たり前に行われてきたしね。
例えばROMのアクセスがそもそも遅いので、当座使う分だけRAMに展開するとか。

セガサターンなんかだと2MBのメインメモリのうち前半がSDRAM、後半がDRAMで
さらにカートリッジで増設できるのもDRAMの後ろにDRAMを継ぎ足すだけ。
でもCD-ROMメディアからの読み込みを考えたらDRAMの方が数万倍速い。
しかしそこにプログラムやスタックを置いてしまうと動作速度は半減どころじゃない、
なんてことをやっていた。

プレイステーションのスクラッチメモリはアドレッシングの特性だからメモリ自体の速度ではないけど、
遅いメモリにプログラムやスタックを置くとスーパーファミコン並の速度しか出ず、
特に初期に使い方を知らない無能なプログラマはそれでさんざん悩んだ。

464 :名無しさん:04/02/18 11:16
>ところでメインメモリの「メイン」って何なんだ?
>メインと言うからにはサブメモリがあるのか?
>それともV(ビデオ)RAMと区別するためか?

広義のメインメモリってのは、CPUのメモリバスからアクセスできるメモリ全般を指す。

狭義ではそのうちVRAMやマップドI/Oに使われていない領域、
一般的にプログラムやデータ、スタック等が置かれるメモリ領域を指す。

さらに86系のリアルモード(8086モード)に限定した話になると、
0x00000〜0xFFFFFの1MBのメモリ空間を指す。

初代8086と、8086を前提に作られたMS-DOSでは、
通常はこの1MBのメモリ空間しか使えなかった。

さらに1MBの尻の方からVRAMバンクやI/Oなどをさっ引いて使われるのが普通だったから、
実際には640KB〜768KB程度しかプログラム領域としては使うことができなかった。


もちろん、80386以降のプロテクトモードでは4GBのメモリ空間にリニアにアクセスできるし、
286まではプログラマの怨嗟の対象であったセグメントを逆手にとってメモリマッパと組み合わせ、
他に類を見ないほど柔軟なメモリマネージメントを実現するなど、
386以前と以後で86系はまったく別物と言って良いほどの変貌を遂げている。

現在のx86系(IA32系)のCPUを下手にバカにすると、大抵の32bitCPUは痛い目をみるので
そのへんは勘違いのなきよう。


465 :名無しさん:04/02/18 11:24
死語じゃないからあんまり話題にするのもあれなんだけど、

>>459
まずメインメモリという呼称のニュアンスだが、
ビデオメモリやキャッシュメモリとの区別に対する要望から呼ばれる場合と、
http://allabout.co.jp/computer/notepc/closeup/CU20010211A/
http://pcfree.jp/customize/ARCHI/1mem/03_cache_mem.htm

外部記憶に対する主記憶というニュアンスが強い場合と
http://ew.hitachi-system.co.jp/w/E383A1E382A4E383B3E383A1E383A2E383AA.html

があるようだ。他にも何かとの比較で使われる用例があるかもしれないが、
続けるなら用語関係のスレにでも移動した方が良さそうだね。

外れついでに、(メインに対してサブってインストラクター経験者?)
サブメモリという呼ばれ方もあるにはある。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2003/0808/kaigai010.htm
http://www.eva.hi-ho.ne.jp/nadia/oldmem.html
後の方のページはちょっとだけこのスレに適しているかも。

466 :名無しさん:04/02/18 11:38
>68系のここが優れていた、というのをもっと聞かせて欲しい。

68系のニーモニックのアドレッシングは、いかれてた(誉め言葉)よ。

メモリ参照なんて、アドレス+データとかアドレス+即値とかいう当たり前の命令の他に、
アドレス+データ+インデックス(8bit幅だが)なんていう高級な命令もあった。
構造体のアクセス以外何に使うんだよって感じ(藁

あとはまあレジスタ幅は32bitだし、スーパーバイザモードをうまく活かせば
プロセスの保護は余裕でできた※し、
マクロと組み合わせて高級言語みたいなラクな使い方もできた。


※Appleがこの68k系のスーパーバイザモードの意味を理解できず、
MacOSでは全プログラムがスーパーバイザモードで突っ走るというお粗末な作りで、
これが後に禍根となってマルチタスク化を阻み諦めさせる原因となり、
またモトローラの技術者にも「Appleのプログラマは厨房」といわしめたのは有名な話。

ちょっと小洒落たGUIがついているだけで、OSの技術世代的にはCP/MやMS-DOSと
何ら変わりないというのが、旧MacOSの実体なんだな…。

あれに比べればまだ、X68kのHuman68kの方が全然高度です。
まあ、これもやりたきゃ特権モードで突っ走れるけどさ…

68k系でまともなOSというと、OS/9かAMIGA-OSくらいかな…




467 :名無しさん:04/02/18 13:15
>>466
その話、聞いたことがある。現在のマカにも教えてやりたいや。
いかにうわべだけでダマされていたってことだよな。

468 :名無しさん:04/02/18 14:19
>>466
(プ


469 :名無しさん:04/02/18 15:13
Big endiannessはどうにも・・・

470 :名無しさん:04/02/18 17:48
WYSIWYG
マルチスキャンディスプレイの登場とともに聞かれなくなった。

471 :名無しさん:04/02/18 18:51
昔のマックは画面の大きさごとに解像度が違ったからな。
マルチスキャンディスプレイには解像度を切り替えさせるアダプタが付属しているものがあった。
大抵は捨てられる運命にあったのだが。

472 :名無しさん:04/02/19 00:48
WYSIWYGはHTML作成ソフトで使うからなあ…

473 :名無しさん:04/02/19 07:19
別にWYSIWYGはマックの専売特許でもないし、概念自体は廃れないよね。

474 :名無しさん:04/02/19 11:44
>>473
その概念を是非Micro$oftのOffice系開発部門と、
各プリンタメータのドライバ開発部門に啓蒙してくだちい。

475 :名無しさん:04/02/19 13:47
>>474
それ以前にOS開発部隊の方も

476 :名無しさん:04/02/19 16:59
>>474
Officeならまだ良いよ。
IEとかOEなんか印刷すると殆どが無駄紙つかうから許せんよ。
印刷したいものはWordにコピペして体裁を整えている。

477 :名無しさん:04/02/19 20:39
ってゆーか、かつては「ペーパーレス時代が来る!」とか言われたモンだが。
これ死語かな。
メールで仕事の連絡しても、オヤジ世代にはメールチェックしない奴もいるんだよなぁ。
回覧にハンコ押して回す習慣が染み付いちゃってる。
やろうと思えばペーパーレスは実現可能っぽいんだが。
…愚痴スマソ。
教訓:紙はgrep出来ない。

478 :名無しさん:04/02/19 22:34
>>476-477
IEでプレビューせずに印刷するヤシが多いおかげで、
(選択範囲のみを印刷できることなど知らない奴ばかり)
タイトル+数行のみというような用紙がたくさん出る。
さらに要らないからとプリンタ周辺に放置していくからゴミだらけ。

せっかく両面印刷とか割付とか出来るのに、
紙の節約とか、『必要な情報だけ印刷』とかいう
意識がない奴には無駄な機能だよなー

印刷範囲を指定しなかったために
エクセルから大量の方眼紙を出力した奴もいたな
愚痴でスマソ


479 :名無しさん:04/02/19 23:19
オヤジでメールチェックは必ず印刷してからにってのもいる。
PCで何かするのに伝票切らせるケースってのも見たし、
本当にペーパーレスは死語かもな。
あと会社では印刷するが、家はペーパーレスってのもなんかありそうだな。

480 :名無しさん:04/02/20 20:51
まさにその通りで、漏れの部署の部長は必ず印刷していた。
しまいには添付ファイルのJPEGファイルまで印刷しようとしていた。
モノクロレーザじゃあまり意味無いって…。

ちなみに漏れは貧乏性なので裏紙よく使うんだが、紙の消費削減しか効果が無い。
無駄な印刷を無くしたほうがトナー代と消費電力が節約できるのだが。

481 :名無しさん:04/02/20 22:15
ISO9001なんかを取ろうとすると、書類は印刷した方がよかったりするし。

>>480
うちの会社では経費節減のため裏紙を使うことになったが、レーザープリンターがよく紙詰まりを
起こすようになって大変だった。

482 :名無しさん:04/02/20 23:30
>>481
どっちが手間なのかは知らないけど、電子書類でもISOは取れるらしいよ。

プリンタで裏紙再利用をすると、ホチキスが詰まるんだよね。

483 :名無しさん:04/02/21 22:34
印刷すると、廃棄に気をつけないとデータ流出になる鬱。
図面を不用意に廃棄したらゴミ屋から忠告が来たよ。

>>482
ホチキスくらい除去すべきだよ。
針の跡が引っかかると言うのはあるかも。

484 :名無しさん:04/02/22 17:01
紙ホチキスなど、問題の起きにくいものに置き換えていった方がよいと思われ。

485 :名無しさん:04/02/22 18:30
>>484
それでも詰まるって。
要は、とめた物をバラさないで再利用する奴が悪い。

486 :名無しさん:04/02/23 01:29
そうそう、新しい印刷紙のパッケージでも本当は(コピー機に入れる場合と同様)
パラパラとさばいてから入れてやるのがトラブル防止のために望ましいってぐらいだし。

487 :名無しさん:04/02/23 23:49
>>486
それは印刷機一般に通用する常識でないかな

488 :名無しさん:04/02/24 17:33
>>485
それは分かってるけど、金属がつまるより数段ましでしょ、ってこと。

489 :名無しさん:04/02/25 23:51
このスレ的には、ホチキスをレーザーで焼き切るのが正解。

490 :名無しさん:04/02/26 10:40
>>489
レーザープリンタは文字をレーザーで焼き切るので紙の再利用できませぬ.

491 :名無しさん:04/02/26 20:45
ウチのはLEDプリンタなので紙は焼ききれません。

492 :名無しさん:04/02/26 20:57
ドッター


493 :名無しさん:04/02/26 21:38
昇華プリンタではレーザビームを発射できませんが?

494 :名無しさん:04/02/28 12:12
そういや、コピーを取る事を「紙焼き」って呼ぶなぁ。

495 :名無しさん:04/02/28 16:35
それは青焼きの時代の名残だろうね。
親父がコピー機もらってきたぞ、って言うので身に行ったら青焼き機だった…。
ウチにはトレペの被写体も感光紙もねぇよ…。

496 :名無しさん:04/03/01 02:27
>どっちが手間なのかは知らないけど、電子書類でもISOは取れるらしいよ。
漏れの会社、20年前からの図面とかも紙のまま残っているんだけど
移転を契機に電子化しようって話があった。
でも殆どの人間が参照せずに終わるからっていう鶴の一声で計画撤回になった。
装置のメンテで古い図面を参照する人間のことも考えて欲しいよ。
AOの図面を100枚とか重ねたなかの一番底の図面を参照したりすると
紙は重いわ、破損しやすいわで困難なことこの上なし。
ちなみに今までは青焼き機つかっていたけど、
リースででかいコピ^-機導入したので青焼きは廃止になった。

ちなみに会社はISOとか全く縁が無いのだが、
株式上場とかで下らん面子にとらわれて下々のものは大変迷惑している。

497 :名無しさん:04/03/01 10:05
ゼロックス

498 :名無しさん:04/03/01 11:22
>>497
それはガイシュツだと思うが・・・
ちなみにブラジルでもコピーの意味で使ってたぞ。

499 :名無しさん:04/03/01 16:28
>>497-498
メリケンは代表的な会社の名前で呼ぶ事が多いのかねぇ。
家庭用ゲーム→ニンテンドー、自動二輪車→ホンダ、等。

500 :名無しさん:04/03/01 17:31
セロテープ,メンディングテープ,キャタピラー,デジカメ,etc..

501 :名無しさん:04/03/01 21:45
万年筆、ジェットコースター、ポストイット

ちなみに電子文書でもISOは余裕で取れる。
ってゆーか電子化したほうが審査員の受けがいい。


502 :名無しさん:04/03/01 23:50
>>499
スレ違いだが
ジープ、ホバークラフトモナー

503 :502:04/03/01 23:52
スマソ
ホバークラフトは社名じゃなかった_| ̄|○

504 :名無しさん:04/03/02 10:29
>>503
ジープは社名じゃねーな。AMC→クライスラー(三菱は名称と形状をライセンス)

505 :名無しさん:04/03/02 11:35
会社名が製品の代名詞になっているような例だと
ホッチキスとか。

506 :名無しさん:04/03/02 12:11
>>505
昔、海外出張に行ってたとき、同行していた日本人が文房具店で、
『Do you have ホッチキス?』って言って、店員に(゚Д゚)ハァ?って顔されてた。
ステープラーって言わないと通じないので、海外に行く人は要注意。

507 :名無しさん:04/03/03 03:03
ディスケットはIBMの商標ですよね
ま、フロッピー「ディスク」で通じるから、使う人は少ないけど


508 :名無しさん:04/03/03 10:45
>>499
家庭用ゲームをニンテンドーと呼んでいたのは日本で家庭用ゲーム機を「ファミコン」と一まとめにして呼んでいた時代まで。
いまはプレイステーションがその地位を奪い取りました。

509 :名無しさん:04/03/03 12:35
♪ドライブを叩くと ディスケットがふたつ

510 :名無しさん:04/03/03 13:42
ディスケット 
たまーによく分かっていなくってカッコつけでそう呼んでいた人が
時々いたような気がする。

ファミコン 
何か今でもゲーム機を皆こう呼ぶ人もいる。
PS2だろうが、X箱だろうが。恐ろしいことにPCすらファミコンと呼ばれることもある。

511 :名無しさん:04/03/03 17:27
MSXってそろそろ死語化?
とくにturbo rとか。

512 :名無しさん:04/03/03 17:50
>>511
10年前に死んだ。

513 :名無しさん:04/03/03 17:51
>>509
5インチドライブはときどき2枚目を無理やりいれちゃうおばちゃんとかいたし。

514 :名無しさん:04/03/03 20:41
NECの最新型のPCを買って
「おい、フロッピーディスクドライブが付いていないぞ! どういうことだ!」って
クレームの電話が入ってくることがあるらしい
付いてて当たり前、と思ってたんだろうな、ご愁傷様


515 :名無しさん:04/03/03 20:50
>>511
10年前に死んだはずだが
「週末の過ごし方 by MSX」が発売しているって言うのは何?

516 :名無しさん:04/03/03 20:57
ジェットフォイルもなー

>>510
恐ろしいことに、現役小学生でもファミコンと言っているヤシがいる…

517 :名無しさん:04/03/03 22:34
FDDがついていないと不便な場面に遭遇することが多いことは確か。
PCの売りの一つとして「拡張性」もあるので、メーカーさんは
プリインストールされたもの以外の機器・アプリのことも考慮に
入れてPCを企画して欲しいと思います。

518 :名無しさん:04/03/03 23:38
FDDないと、緊急ブートとかBIOS書き換えで困るよね。
付いてないのが当たり前になるのはヤだなぁ。
古い機構だけど代替物がない。

519 :名無しさん:04/03/04 04:21
「ファミコン買ってきて」って親に頼んだのに
間違われてセガマーク3とかカセットビジョンとか買ってこられちゃった
かわいそうな香具師もいたなあ、昭和60年代には。

520 :名無しさん:04/03/04 11:29
ファミコン売り切れでファミリーベーシックを買って泣いたヤシよりマシだよ。
漏れもファミコン売ってるじゃんと言って喜んで手に取ったら
兄貴に「ばーか、そんなもんでファミコンのゲームは遊べんぞ」って馬鹿にされた。
間違えて買うよりはよっぽどマシだったが。

521 :名無しさん:04/03/04 11:50
>>520
PS2が売り切れで、中古のPS/2をつかまされた奴知っている。
ほとんど詐欺w
/が入ってるの確認しなかったそいつがアフォなんだけど。
PS/2マウスやPS/2キーボードを買ってなく奴もいるのかな。USBキーボードPS2対応って紛らわしいしなー。

522 :Socket774:04/03/04 16:39
PS/2ってのも派手にこけた死語だね。
キーボードとマウスにだけ名前を残している。


523 :名無しさん:04/03/04 17:18
>>521
そりゃ酷い。まるでネタっぽいな。(あ。否定するつもりは無いんで…)
で、通販かなんかじゃないと引っかからん罠だな。
でも、PS/2のキーボードってUSB立ちあがり時期だとけっこう重要じゃないの?
いまなら完全置き換えできているかもしれんが…。

524 :名無しさん:04/03/05 04:32
>>523
最近はBIOSレベルでUSBキーボードが使えるよ。
DOSでも使えるから、PS/2をエミュレートしてるのかな。

525 :名無しさん:04/03/05 18:47
>>524
その場合は、PS/2同様にホットスワップ不可能になるんだけどね。

526 :名無しさん:04/03/05 23:45
PS/2、あのクソ仕様には幻滅したよ…。
ホイールとか、仕様を拡張出来たは良いが、漏れはホイールなんて使わんからどうでも良い。

527 :名無しさん:04/03/06 02:45
1ボタンマウス、3ボタンマウスは絶滅したかな?


528 :名無しさん:04/03/06 03:47
「ユニックスもがき」と言ったら若いのに「ユニックスもどき?」と聞き返されたわ。

529 :名無しさん:04/03/06 19:07
>>527
さすがに1ボタンは絶滅したと思うけど、3ボタンは現役でしょ。
WS用の普通の3ボタンとか、PC用の2ボタン+ホイールクリックとか。

>>528
「ユニックスもがき」って初耳。何?

530 :名無しさん:04/03/06 21:14
>>529
ホイールじゃなくて、ただ3つボタンが横に並んだマウスのことだよ
あれの3つ目のボタンって、何に使うんだ?


531 :名無しさん:04/03/06 23:20
>>527>>529
まだあるぞ
マクー用だが

532 :名無しさん:04/03/07 02:29
>>530
WS用の3ボタンは、普通にボタンが横に並んでる。

きっとマック持ちは、PC用のマウスを見て
「あれの2つ目のボタンって、何に使うんだ?」
と思ってたんだろうな(w

533 :名無しさん:04/03/07 03:52
>あれの3つ目のボタンって、何に使うんだ?

某3DCGスイートではそれぞれXYZ軸の操作を明示するのに使う。


534 :名無しさん:04/03/07 16:55
2ボタンは「左=決定、右=取り消し」という大前提があるからな
マック用の1ボタンを見て「あれで使い物になるのか?」と思う


535 :名無しさん:04/03/07 18:16
超ライトユーザーにはあれでいいんだよ。
Windowsのユーザーでも、右クリックをしないユーザーは少なくない。

536 :名無しさん:04/03/07 18:21
>Windowsのユーザーでも、右クリックをしないユーザーは少なくない。

根拠を、できれば数字も同時にお願い。


537 :名無しさん:04/03/07 18:26
ドスだろ?

538 :名無しさん:04/03/07 18:35
しない、じゃなくて”知らない”ってのが会社でも多い
Windowsキーの使い方すら知らん。
Windowsキーでスタートメニュー出してカーソルキーでプログラム実行してたら

ヘェーヘェーヘェー
こんなもんだよホント

539 :名無しさん:04/03/07 19:00
>しない、じゃなくて”知らない”ってのが会社でも多い

だから、その”多い”の根拠を出しなさいって言ってるのよ。

母数が何人で年齢構成とコンピュータへのおおよその習熟度、
その中で右クリックを使わない/知らない人の実数は何人であるのか。

単に”多い気がする”というなら、漏れの周りにマカーなんか見たことがない”気がする”し、
マカーって本当にどうしようもないほどバカばかりだった”気がする”よ。


540 :名無しさん:04/03/07 19:43
子供みたいな理屈だな。

何時何分何(ry

541 :名無しさん:04/03/08 10:58
マウスを論じる、になっちゃいそうなんでこれぐらいに。
「○ボタンマウス」が死語かどうかてなあたりまでがこのスレの範囲だし。

542 :名無しさん:04/03/08 18:12
1ボタンマウスはレーザーで焼き切られてなくなりました。

543 :名無しさん:04/03/08 20:36
マックが1ボタンになった理由が、初心者に難しい、だろ?

544 :名無しさん:04/03/08 21:01
なんか変なページが引っかかった
http://tam.parfait.ne.jp/talk/mac.html


545 :名無しさん:04/03/08 21:56
昔のゲームは音楽テープに記録されていて
ダビングデッキで複製できた。

ヘェーヘェーヘェー

546 :名無しさん:04/03/08 22:16
>>544 前にも見たような希ガスする。別のスレだったかな。

547 :名無しさん:04/03/08 23:18
>>545
http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/pc/1041049148/1
http://pc3.2ch.net/test/read.cgi/pc/1058373755/91
ほかにも多々あり。

でもダビングデッキっていう言葉は初耳。

548 :名無しさん:04/03/08 23:45
>>543
ていうかマッキントッシュの思想は「ユーザーはハードのことは知らなくていい」だからな。
専用工具がなければ筐体が開けられないマシンもあったし。

549 :名無しさん:04/03/09 03:33
>マッキントッシュの思想は「ユーザーはハードのことは知らなくていい」

違うよ。
「一般ユーザーがコンピュータの中身について知る事は許さない」なんだな。

全部我々にお任せください、任せている限りあなたは優雅に暮らすことができます。
裏で何をしているか興味を示してはいけません。我々に疑念を抱いてもいけません。
我々を裏切ってもいけません。…わかりましたね?

…というのが、MacintoshでありApple。


550 :名無しさん:04/03/09 11:52
>>549
それは言い過ぎw
最近のMacは筐体開くのが簡単にできる

551 :名無しさん:04/03/10 03:32
筐体はレーザーで焼き切らないと開きません、とか。

552 :名無しさん:04/03/10 04:23
>最近のMacは筐体開くのが簡単にできる

いや、物理的に筐体を開いて云々じゃなくて、開発環境や開発資料、
それらの開示に関する基本的なスタンスとかの話ね。

Mac/Appleってのは「知らしむべからず、依らしむべし」を地で行ってる。


553 :名無しさん:04/03/10 09:18
>>549
ワロタ
>>552のレス内容と違うが、筐体を開けてはならぬとか言いながら中にサインが書かれていたらしい。
恐らく雑誌社と結託した上での自作自演だろ。

>>550
最近の話をしても意味無いよ。ここは死語辞典。過去を語るといっても良いスレ。


554 :名無しさん:04/03/10 11:49
「ダビングデッキ」なんて、当時から既に死語だったのではないだろうか…


555 :名無しさん:04/03/10 18:06
っていうか、旧いAVマニア意外最近ほとんど聞かないよね・・・

556 :名無しさん:04/03/10 21:49
ダブルデッキとかダブルカセットとか呼んでなかったっけ。

557 :名無しさん:04/03/10 21:50
で、テープ使いすぎると伸びちゃって、ロードエラーになる。
定期的なバックアップが必要だったのよ。

テープより前は、ロール紙にパンチ穴で記録したよ。
これも気温や湿度で紙が伸びるとエラーになった。<何年前だ・・・


558 :o:04/03/10 22:19
200GBのHDDで会社の上司が
「すごくボインなHDDだな」

559 :名無しさん:04/03/11 08:52
高速道路の通行券がパンチ穴式だった時代は知っている。

560 :名無しさん:04/03/12 07:01
>>558
意味がよく判らないんだけど、詳解プリーズ。
200GBの「B」がボインに掛かってるって事かな…。

561 :名無しさん:04/03/12 09:02
PCとは関係無いだろうが、ボインという言葉が死語?

562 :名無しさん:04/03/12 16:43
ボインが死語ってのは判るけど、「ボインなHDD」ってどういう形容なんだろう?
丸みを帯びた突起物が2つあったのか?

563 :名無しさん:04/03/12 16:50
単に容量が大きいと言いたかったのでは?
100GB以下だとコインで、20GB以下だとナインとか。

564 :名無しさん:04/03/12 18:47
上司は「かちょう」だったのか

565 :名無しさん:04/03/13 00:03
>>564に座布団をあげたい。

566 :名無しさん:04/03/13 09:22
むー。
>>558も、>>564-565も、何が面白いのかサパーリ判らない。
世代の問題? 地域の問題?

567 :名無しさん:04/03/13 11:08
板違いな話題なんだけど、分からない人が多いようなんで、

http://www.asahi.co.jp/call/diary/yamaken/essay_27.html
長いので該当部分を。
> こんな状況には、必ずバカバカしい歌が流行するものであるが、この年もそうだった。
> 『嘆きのボイン』である。作詞・作曲・歌ともに大阪の落語家、
> 漫談家の月亭可朝である。いまは破門になっているのか、
> どういう関係なのか知らないけれど、
> この当時、確か桂米朝の一門だったと記憶している。
> お笑い番組はもちろん『イレブンPM』にレギュラー出演したり、
> たいへんな売れっ子になった。カンカン帽に丸メガネ、ギター片手を抱きながら、
> くそまじめな顔をして、「ボインは、赤ちゃんが吸う為にあるんやで…」と
> 歌ってみんなをケムにまいていた。
> 「ボイン」はこの頃の流行語で、小さいのは「コイン」、さらに小さいのは「ナイン」だった。

時代は、
> 昭和45年、万博、よど号事件、三島由紀夫割腹自殺、反公害
> この年(昭和45=1970年)も、40年不況を乗り越えて
> 始まった戦後最長の好況だった「いざなぎ景気」が持続していて、
> 日本全体が好景気に沸騰していると言っていい状態だった。

歌詞は
http://zerodama.com/ura0/sugouta/sugo3.html

568 :名無しさん:04/03/13 20:21
>>567
解説tnx。そっか、>>564は「課長」と「可朝」を掛けてたのか。
↑って、こーいう説明をしちゃうと面白みが蒸発しちゃうよな。スマン>>564,567
可朝さんは世代的に知ってたけど、俺は関東在住。
「コイン」と「ナイン」は知らなかった。

さぁて、残る謎は>>558だ。
大容量=ボインなんだろうか。

569 :◆08NfFemAVo :04/03/14 12:27
>>568
>>558の謎がわかったYO!
ボイン=おっぱい→いっぱい

570 :名無しさん:04/03/14 16:32
>>569
うーん、これがオヤジギャグのセンスなのか。
そんな上司はレーザーで焼き切ってしまえ!

571 :名無しさん:04/03/14 16:32
>>553

>>552のレス内容と違うが、筐体を開けてはならぬとか言いながら中にサインが書かれていたらしい。
>恐らく雑誌社と結託した上での自作自演だろ。

それはAppleIIじゃないか?

572 :名無しさん:04/03/15 15:03
キヤノンの業務用コピー複合機の内部には組み立てた人間のサインが入っているそうだが。

573 :匿名希望:04/03/15 15:04
http://www.raus.de/crashme/

574 :名無しさん:04/03/15 16:52
一応。ラウンジより。

2 名前:鑑定人組合[sage] 投稿日:04/03/15 07:21 ID:???
【激しくガイシュツ、危険なサイト一覧=ウイルス、ブラクラ系1】
1. //bronky0.hoops.ne.jp/SEX_GALLERY.zip(ウィルス:現在は404)
2. //dildo-drive.porncity.net/122/ugmovie[01-06].ram (ウィルス:ウィルス+EXEダウソ)
3. //dms100.org/worksucks (ブラクラ&ウイルス&ホモ画像)
4. //easyweb.easynet.co.uk/~hiros/**** (****以降はウイルス名:ウイルス)
5. //ex.2ch.net|test|read.cgi|news@195.126.71.77/crashme(raus.de/crashmeに飛ばされます)
6. //ex.2ch.net|test|read.cgi|news%40195.126.71.77/%63%72%61%73%68%6D%65(上記のURLをエンコードしたもの)
7. //jbbs.shitaraba.com/computer/1348/ (ブラクラ:メーラーが無限起動します)
8. //job.jpn.ph:591/cgi-bin/img-box/img20021025233905.cab (ウイルス:ホワイター)
9. //lounge.dip.jp/~yoshinoya_off/up/img/whismng.zip (ウイルス:ホワイター)
10. //mariko.netfirms.com/gazou.zip(ウィルス:VBS.Moon@mm
11. //mios.20m.com/ (ウイルス:ウイルス複数確認)
12. //playstation2.hotgames.com/games/ringof/%72%65%61%64%6D%65%2E%65%6D%6C (ウイルス:ニムダ)
13. //playstation2.hotgames.com/games/ringof/readme.eml(上記のURLをアンエンコードしたもの)
14. //raus.de/crashme/ (ブラクラ&ウイルス)

575 :名無しさん:04/03/15 20:17
>>574
コピペに反応しちゃけど、「アンエンコード」っていう表記にシビれた。

576 :名無しさん:04/03/15 21:35
>>575
一瞬何のことか分からんかったが「デコード」だよな。。

577 :名無しさん:04/03/15 22:35
そのうちアンイネーブルとか言い出しそうだな。

578 :名無しさん:04/03/16 00:10
昔はアンインストールのことをデインストールと言っていたような気がするのは
やっぱり気のせいか…

579 :名無しさん:04/03/16 00:32
>>578
もしあったとしても「ディスインストール」の方がまだ通じそう。

580 :名無しさん:04/03/16 01:03
デインストールでググったら33件あったyo。

ディスインストールは3件引っかかったけど、
『ディスインストール』って言葉使ってるのは一件だけだった

581 :名無しさん:04/03/16 09:08
アンフォーマットは
単に未フォーマットであること
誤ってフォーマットしてしまったものを復元すること
の2種類の意味がある。
後者はMS-DOS6.2などでフォーマットを試みるとき
対象が未フォーマット、あるいはDOS形式のセクタで無い場合に
読めもしないアンフォーマット情報を探ろうとするので非常にウザかった。

582 :名無しさん:04/03/16 17:10
アンジョンファン=ジョンファン化した物を戻す。
エンジョンファン=ジョンファン化する。

583 :名無しさん:04/03/16 17:14
>582
アンパンマン=(ry

584 :名無しさん:04/03/16 20:12
「アンアンアンとっても大好き」はどういう意味?

585 :名無しさん:04/03/16 21:55
「イン〜」もあるよね、「インポッシブル」とか「インクレディブル」の。
という事で「インインストール」を推したい所存であります。

586 :名無しさん:04/03/16 22:48
>>584
取ってティッシュ

587 :名無しさん:04/03/17 10:12
>>585
『イル』のあるぞ、illegalとか・・
そういうわけで、イルハン・マンスズ=(ry

588 :名無しさん:04/03/17 15:41
>>584
ドラえもんはドラ焼きの皮だけでも大好きなのです。

589 :名無しさん:04/03/17 19:49
アンインノンの話じゃないけど、
ノートPCの光ドライブいかれたので、修理依頼して、
ピックアップサービスでペリカン便のパソコンポってのが来た。
「ワープロを取りにきました」というので、担当者が分かってないのかと思い、
伝票で確認すると、たしかに品名の欄に
「ワープロ(ラップトップ)」と書かれていた。(その後に型番)
ワープロもラップトップもかなり死語に近いんではないかと思うがなあ。。。

590 :名無しさん:04/03/17 20:50
>>589
言われて見れば、ノート機の分類で「ラップトップ」って聞かなくなったね。

ワープロは言わずもがなだね。
そもそもワープロ専用機って日本独自の物なのかなぁ。
英語圏にもDTP用のこういうマシンはあったのか?

591 :名無しさん:04/03/17 21:19
いわゆる電動タイプライターというやつじゃないかと。

592 :590:04/03/17 22:01
>>591
そう言われるかと思って、「DTP用のこういうマシン」と書いてみた。
電動タイプって、文字装飾や段組等の機能はないよね?

593 :名無しさん:04/03/18 01:32
>電動タイプって、文字装飾や段組等の機能はないよね?

ピンからキリまでありましたよ。

594 :590:04/03/18 02:02
>>593
勉強になりました。サンクス。
てっきりフィードや印字だけが電動なのかと思ってた。
という事は、日本にワープロがあった様に、欧米にも電動タイプがあった、と。

595 :名無しさん:04/03/18 06:46
つうか日本語のワードプロセッサが漢字変換について重点研究されていたように、
英文ワープロではスペルチェックや辞書(辞典引き)機能がばきばきに強化される方向へ進歩してますた。

液晶が1行しかなくてメモリもせいぜい数十〜数百行分しか記憶できないような、
原始的な安物の電子タイプライタでさえも、機械式と比べたらtypoを(劇的に)減らせる訳で、
それだけでもそりゃあもう遥かに効率的だったと言える訳で。

まあ、FEPやスペルチェックなんてもんは、通り一遍のものが載ってさえいれば
あとはスクリーンエディットができるだけでもものすごいメリットがあるっつーか、
もうスクリーンエディットのできない環境でなんて文章もコードも書けませんよって感じ。


596 :名無しさん:04/03/18 09:00
ラインエディット、いっとき「エドリンのバグ」をマスコミが言い立てたもんだが、
当時でもあまり使われていなかったはず。
エディター入っていないマシンで、バッチファイル書くのには使ったけど。

597 :名無しさん:04/03/18 09:32
バッチファイルを書くには
COPY CON xxxx.bat (xxxxはファイル名に使える任意の文字)
と入力し、入力が終わったらCTRL+Zで終わらせる
って言って見る。
修正が効かんのが難点だが。

598 :名無しさん:04/03/18 10:07
最近のデスクノートは結構以前のラップトップに近い存在みたいにも思えるが、
分類のポイントが大きさや重さでなく、CPUとかバッテリー駆動の可否とか
そんなのにあるみたいだからなあ。置き換わったとも言えないか。

599 :名無しさん:04/03/18 13:27
考えてみると、小型マシンには呼称が沢山あるのね。
ポケット、パームトップ、ノート、サブノート、ラップトップ、ポータブル、デスクトップリプレースメント、etc.

600 :名無しさん:04/03/18 14:26
ハンドヘルドなんてのもあった

601 :名無しさん:04/03/20 11:05
ゲーム機全般を「ファミコン」と称するような感じで、
PC全般(MACであっても)をワープロと呼ぶような人種がいそうな気がする。

602 :名無しさん:04/03/20 15:09
>>601
いるだろうね。
それで思い出したけど、8bitBASIC機全盛の昔、
デパートの家電売り場のパソコンコーナーで観察した素人さんは
 ○カーソルを、リターンではなくカーソルキーで行頭へ戻す。
 ○しばらく遊ぶとモニタの電源を切って去る。本体も切れてると思うらしい。
という傾向があった。

603 :名無しさん:04/03/20 16:03
ワープロ専用機が幅を効かしていた頃、
ノートパソコンを「そのワープロ」と呼ばれるとむかついたなあ。。。

604 :名無しさん:04/03/21 01:20
なんでこう、下位のものが総称になるパターンがあるんだろう、
って普及しているからだよな、そりゃ。

605 :名無しさん:04/03/21 19:30
>モニタの電源を切って去る。本体も切れてると思うらしい。
会社で使っていた日立の変なマシン(専用システムっぽい業務端末)は
CRTの電源を切ると本体の電源も切れるという訳の分からん仕様だったよ。
画面焼け防止&消費電力削減のためにそのスイッチをOFFにしたら
端末が止まってしまいつまらんトラブルを招いてしまった。

606 :名無しさん:04/03/22 14:16
たしか初期のPC-H98もそんな仕様だった

607 :名無しさん:04/03/24 22:47
ゼロックスとか未だに言うよな。さすがにテレックスはいわなくなったが。

608 :名無しさん:04/03/25 19:29
ディスプレイさえあれば全部「テレビ」という人は確実に存在する。

>>607
自分の環境を変に普遍化して、どこ行っても「リコピー」と呼ぶやつを
昔知っていた。

609 :名無しさん:04/03/26 00:28
>>605
FM-Rにもそんなのがあった(対応しているCRTのみ)。

ただしこれは、本体を防塵ケースの中に入れて、CRTと
キーボードを机の上に置いておく、という使い方が考えら
れていたため(だから机の上から電源を切れる必要がある)
意味がある仕様だった。

これを知らずに、以前に納めた会社でCRTが壊れたので、
納品されるまでの急場しのぎに会社のCRTを貸し出したら
現場で電源を誤って落としてしまう人が続出した。

あの時はシャレにならなかった。

610 :名無しさん:04/03/26 02:37
マックも、モニタから本体の電源を制御できるんだっけ?
持ってた事ないからよく知らないんだけど。

611 :名無しさん:04/03/27 01:32
>>610
モニタじゃなくてキーボードに電源スイッチが付いていた。
電源を落とすときはメニューから終了を選ぶと電源が落ちる。

612 :名無しさん:04/03/27 02:33
通常はPC本体のサービス電源へモニタの電源を接続するので
モニタの電源なんてイチイチ切らなかったのが普通なのだが。
スクリーンセーバとか省電力モードとかが存在しない時代には
自分でモニタの電源を切ることが頻繁になっていた。
でもあの頃は起動も早かったのでPCの電源も頻繁にON/OFFできた。

現在、会社のPCのモニタは電源スイッチが逝かれているので
PC側とCRT自体の省電力機能を用いて長時間使用しないときは電源OFFになるようにしている。

613 :名無しさん:04/03/27 21:56
>>612で思い出したのだけど、PCやビデオデッキのサービスコンセント
ってのも、もはや死語でしょうね。

614 :名無しさん:04/03/28 17:54
漏れはそのサービスコンセントって奴、まだ使っているよ。
PC-98にはサービスコンセントが二つついていたときもあったのだ。
良い時代だったな…。

615 :名無しさん:04/03/29 21:50
自作用のATX電源にはサービスコンセントついてるのあるね。
ついつい付いてるのを選んじゃうんだよね。

616 :名無しさん:04/04/03 10:19
サービスコンセント2つだと、ディスプレイとハードディスクを付けられた。
内蔵のHDDなんてなかった頃。

617 :名無しさん:04/04/03 22:43
>>608
リコピーもゼロックスも、当時のコピーの代名詞だったからな。

618 :名無しさん:04/04/03 23:07
過去ログぜんぜん見てないけど、
コンベンショナルメモリ
とか
VLバス
とか、そう言うやつ?

619 :名無しさん:04/04/03 23:22
あと、キャプテンとかSASIとか音響カプラとか・・・
ボーって何の単位だよとか、モデムの全2重半2重とか・・・
データレコーダとかPDSとか・・・

620 :名無しさん:04/04/04 04:51
>>618-619
そう、そういう奴。

PDSって「Public Domain Software」だっけ。
何か他にも展開方法があった様な気がするんだが…。
昔、どっかの著名な人がインタビューで「コンピュータ業界で将来問題になる事は?」と訊かれ、
「3文字略語が1万7千通りしかない事です」と真顔で答えたそうな。
A-Zの26文字を3乗して17,576通り。
もうダブってるのもいくつかあるよね。

621 :名無しさん:04/04/04 07:05
SASI-40生きていますが..........

FDDの2ED(4M/2.88M)は今は売っていないよな
(2HQも私語?)

622 :名無しさん:04/04/04 12:05
>>620
UMAとかがかぶってるね。

623 :名無しさん:04/04/04 14:27
>「3文字略語が1万7千通りしかない事です」と真顔で答えたそうな。
>A-Zの26文字を3乗して17,576通り。
3文字っていうと漏れは拡張子を連想してしまうのだが、かぶってるものが結構ある。
パソ通経験者の間ではDOCを使うことが結構あったらしいが、
M$が非テキストファイルとしてMS-Wordの拡張子として使用するようになってから
単にテキストファイルとしての拡張子DOCにするとわざわざWordPADを開く。
漏れはテキストファイルはTXTにしていたのだが未だにDOCにするヤシもいる。
パソ通時代の悪い慣習を引きずっているのか、あるいは横暴なM$が悪いのか…。
この混乱に乗じてか、DOCをWordファイルか単なるテキストファイルか判別するシェアウェアまで登場した。
フリーの奴もあったけど。

>もうダブってるのもいくつかあるよね。
DOSっていうと今ではDental of Service(DoS)のことを示すかも。
Disk Operating Systemの略として長く君臨してきたのだが。



624 :名無しさん:04/04/04 14:39
昔、アップルが何とかエラーを「UAE」って略したら
アラブ首長国連邦がむちゃくちゃ怒って
その名称を使うのをやめたことがあったな


625 :名無しさん:04/04/04 16:37
Unrecoverble Application Errorの略ですね。
その事実は雑誌にも載っていますタ。

626 :名無しさん:04/04/04 17:39
docについては、特にパソ通だからということではなく、
ドキュメントの省略形で、一般的に通っていたものだと思う。
ソフトウェアなどに付ける文書がよくreadme.docだったりしたもので、
なんかそれがreadme.txtなのよりはdocである方が多かった。

627 :名無しさん:04/04/04 19:20
>>623
…歯医者?

628 :名無しさん:04/04/04 22:51
ディップスィッチも
もう死語かな

629 :名無しさん:04/04/05 02:53
>>628
言われてみれば。
最近は不揮発メモリだし、そもそもコンピュータが勝手に設定してくれる。
自分の周りだと、HappyHackingKeyboardだけかな、DipSWが付いてるのは。

630 :名無しさん:04/04/05 03:15
>>623,627
歯医者ワロタ。
「dental」じゃなく「denial」な。

631 :名無しさん:04/04/05 05:55
>>628
ソケ7PCががんばってるうちは、死語にはならんさ・・・。
今のBIOS表示って、起動してみないとワカランのが一番嫌なんだよな。

632 :名無しさん:04/04/05 11:41
>>627,>>630
スマソ、マジで勘違いしていたよ…。
ありがとう。

633 :名無しさん:04/04/05 13:48
勘違いついでに書かせてもらうけど
ウィザードリィ遊んでいてNeutralをNaturalと読んだヤシいたり
LHAのArchiveをActiveと読んだヤシがいた。
これは漏れのことではない。
今度はスペル間違えるといけんから辞書で調べさせてもらった。(シ千)

634 :名無しさん:04/04/05 22:18
>>633
同僚に「PCMCIA」を「PCIME」と覚えてた人がいた。
見慣れた言葉に脳内変換しちゃうんだろうなぁ。
「ああ、PCとIMEか、知ってる知ってる」みたいに。

635 :名無しさん:04/04/06 16:32
PCMCIAとLHA
死語にはならんよね…?
PCMCIA(PCカードスロット)はUSBの普及の影響があるか知らんがあまり活躍の場が無くなりつつある。
漏れはこいつのSCSIカードとPDを接続してDOS起動(CONFIG.SYS登録が面倒)でバックアップとリストア
それとWin95系のOSをインスコするのに良く使ったよ。
最近になってDOS上でSRAMカードの読み書きを行ったのだがだいぶてこずった。
Windows95以降だとカードは認識するけどドライブとして出現しなかったし。
但し、SRAMの電池が切れていたからかもしれんが…。
電池交換でDOS上で問題無く読み書きできた。(DOSではドライバ組むとドライブが出現する。)
LHAは散々お世話になったし、今でもメールなどのデータは自己解凍形式でLHAベースで圧縮している。

636 :名無しさん:04/04/06 21:07
漏れは、自己解凍は絶対に使わないな。

なぜなら、.exeが実行できる環境を失ったとき、解凍できる手段があるとは限らないから。
現状では、.exeで自己解凍になっているアーカイブは他の処理系でも解凍できるものが多いけど、
将来的にそれが保証されるとも限らない訳で。
逆にlhaのアーカイブを解凍したければ、最悪でもlhaのソースとgccがあれば解凍できるわけで。

LHAはDOS/Windows時代はメインに使っていたけど、
Linuxを使うようになってからはもっぱらzipがメイン。

パソ通の時代にはzipよりlhaの方が効率的に優れていたので、
日本人が作ったとかより単純に効率でlhaを選んでいた。

逆に欧米では、日本人(黄色人種)が作ったアーカイバなんか怖くて使えねーよ、と
嫌われているのだと知って、嫌な気分を味わったのもこの頃。


637 :名無しさん:04/04/06 21:28
>634
うちの部長は宇多田ヒカル→宇治田みのるという
すばらすい変換エンジン搭載

638 :名無しさん:04/04/06 21:40
>>636
そうだね。相手がWindows使っているとは限らんから、つい当たり前のようにカキコしてしまった。
昔はDOSの自己解凍形式でやっていたよ…。
稀に変なバージョンのLHA使っていたら解凍できんぞゴルァって怒られたことがある。
どんなバージョンか調べて見ると2.16とか一般に流通していないバージョンだった。
通常はVer2.13だったと思う。

ZIPの場合、昔は解凍プログラムがシェアウェアだったんだっけ?
ZIP解凍には何かと苦労した覚えも。

639 :名無しさん:04/04/06 22:45
>>625
最近は、デスクトップでもPCカードが使える機種もあるから死語にはならんだろう
しかし、CardBusは死語かな?
http://e-words.jp/w/CardBus.html

640 :名無しさん:04/04/06 22:51
PCMCIAは、団体名としては現役かな。
だけど規格名としては「PC Card」になった。
PCI-Eの規格で「Express Card」とかってのが出るんだっけか。

641 :名無しさん:04/04/07 00:09
USBと違って本体の中に全部入るのはメリットだと思う。

642 :名無しさん:04/04/07 09:13
アルプス電気のマイクロドライプロセスっていうプリンタ、まだ後継機種あるの?

643 :名無しさん:04/04/07 09:49
>>642

http://www.alps.co.jp/brand/printer/index.htm

644 :名無しさん:04/04/07 11:18
>>639
漏れはCardBUSの音源出れば絶対に買っていたのに…。
ZVポート対応だと尚更良い。
しかしCardBUSはUSB2.0いれるのにかなりありがたい。
漏れのノートはUSBが立ちあがる前の段階のCardBUSありっていう
にっちもさっちも行かぬマシンをいまだに愛用しているので。

>>641
今ではカプラレスとか言って外に厚く出っ張るLANカードもあるけどね…。
PCカードスロット2段式のマシンだと上のスロットで使わんと2枚刺しできない。

645 :名無しさん:04/04/07 13:52
>>644
そのカプラレスって言葉が気に入らないひとはいない?
俺的にはカプラレスじゃなくてカプラ一体(内蔵)型と逝って欲しかったりする。
現実にカプラがなくなったわけじゃないからね。


646 :名無しさん:04/04/09 23:47
なるほど。誤用が浸透している例は他にも沢山あるけどね…。自作とか。

647 :名無しさん:04/04/10 07:21
>>646
自作の誤用って?
「自分でパーツ単位で組み上げたPC」じゃない用法って事?
それとも「自作」という言葉が適切ではないという事?

648 :名無しさん:04/04/10 07:26
>>645
PCカード部の小さいコネクタとRJ-45を結ぶ部分が「カプラ」だから、
カプラレスでいいんじゃないかな。
RJ-45の受け口をカプラと呼ぶ訳じゃないんだから。

元々は一体構造の物だから、それを「カプラ一体型」とか「カプラ内蔵型」と
呼ぶのは奇妙に感じる。

649 :名無しさん:04/04/10 10:56
もう”尻尾”でええやん。

”尻尾つき”、”尻尾なし”、これ。


650 :名無しさん:04/04/10 22:17
カプラはレーザーで(ry

651 :名無しさん:04/04/11 01:35
尻尾付きとくれば、耳付きもある。
漏れのノートパソコンは元祖耳付き…

652 :名無しさん:04/04/11 23:27
>>648
どうも645の話し振りからすると、RJ-45のメス側を「カプラ」と呼ぶと勘違いしてそうだな。
どうしてこのスレ、いーかげんな知識の奴ばっかり来るんだろう…。

653 :名無しさん:04/04/13 17:54
カップル(couple)にするからカプラ(coupler)。
でも、フツーのオスとメスのコネクタ一組はカプラとは呼ばん。
以上。

654 :名無しさん:04/04/15 04:48
既にカップルだから、もう「カップルにする者」は必要ない訳だな。
という事でage。

655 :名無しさん:04/04/15 10:37
話題が完全に途切れたな。
だれか燃料キボンヌ。

656 :名無しさん:04/04/15 11:27
>>654
じゃあ日本語訳で「仲人」にしよう!

>>655
×話題が途切れた
○話題はレーザーで焼き切られた

657 :名無しさん:04/04/16 22:52
ジャンパピンも死語といっていいのかなぁ。
ドライブ関係では思い切り現役なので、どうかと
思ったのだけど、一応カキコしてみる。

昔、ATマザーからATXマザーへ移行したときとか、
ISA→PCIのときとか、設定画面だけで全てできる事
に感動ものだった。

658 :名無しさん:04/04/17 01:03
「IRQの空きがない」とか、もう死語?


659 :名無しさん:04/04/17 19:21
デジタルブックプレイヤー

660 :HTT:04/04/17 19:40
ジャンパピンは、めちゃ現役だスよ。

死語か、ん〜、オーバー・ドライブ・プロセッサなんてどうよ。

661 :名無しさん:04/04/17 21:36
>>660
死後

662 :名無しさん:04/04/17 21:46
イントラネットは?
もう出てるかな。

663 :名無しさん:04/04/17 21:53
>>659
今、そに〜と松下がその走りのようなものを出す、あるいは出しているらしい。
漏れは興味無いからよく分からん。
あれから大幅に進歩したものになるみたいだが。

>>660
イソテル自身があぼーんしたからね。
必要なODPを出さずに不要なODPを出したイソテルに殺意すら覚えた。

664 :名無しさん:04/04/17 22:19
イントラネットはは使うような。

665 :名無しさん:04/04/17 22:55
イソテル自身があぼーんした:イソテルがODPをあぼーんさせた、と言う表現にすべきだった。

666 :名無しさん:04/04/18 00:06
>>664
ことさらに、雑誌記事やWebページ、宣伝などで「イントラネット」表記は
減っているように思われ。
すでに、社内LAN/インターネット環境を整備したようなところで
区別のための「インターネット/イントラネット」なんかは健在かと思う。

667 :HTT:04/04/18 00:21
通信関係での死語、

・草の根BBS
・ミカカ

668 :名無しさん:04/04/18 00:26
・テレホ

669 :名無しさん:04/04/18 00:31
ネットサーフィン
ネットワーカー

670 :オークション:04/04/18 00:38
激得・激安SOTEC情報
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h10161165


671 :名無しさん:04/04/18 02:54
BIGMODEL
mmm

672 :名無しさん:04/04/18 10:16
WWIV
KT-BBS
KTX
WTREM

673 :名無しさん:04/04/18 11:09
NiftyManager

674 :名無しさん:04/04/18 14:52
漏れが末期になって加入したPC-VAN
はっきり言ってNiftyよりもずっと居心地が良かった。

675 :名無しさん:04/04/18 21:07
>>663
中国政府がコスト削減のために、義務教育の教科書を全て電子化することにしたそうだ。
で、巨大な需要が見込めるので、松下は中国国内の電子ブックのシェア2割確保を目標にがんばっている模様。

676 :名無しさん:04/04/18 21:24
2 4 0 0 ボ ー

677 :名無しさん:04/04/18 23:17
>>675
日本でもやれば良いのにと思ったり。
ちなみに日本では義務教育で使用される教科書は政府から無償で支給されるから
著作権保護とかいらんかも。コピーとか二次利用とかする物好きもいそうもないし。
問題は扱いが乱暴で壊す児童(悪く言えばガキ)が続出すると言うことかな?

678 :名無しさん:04/04/19 14:11
>>665
×イソテルがODPをあぼーんさせた
○イソテル自身がODPをレーザーで焼き切った

679 :名無しさん:04/04/19 23:38
バッファアンダーランエラー。

680 :名無しさん:04/04/20 11:54
バッファアンダランエラー発生してもエラー部分はレーザーで焼き切られます。

681 :名無しさん:04/04/21 00:40
>>677
>日本でもやれば良いのにと思ったり。
かつてはTRONが教育用に使われる予定だった。
だから、やろうと思っても過去の苦い思い出が…。

ちなみにその時のパソコン、算数の分数教育用に、
「分の」キーと、帯分数の「と」キーがあったそうな。
「1と3分の2」みたいなのを入力する為に。
コンピュータ音痴のお役人はバカ、っていう見本だね。

682 :名無しさん:04/04/22 11:48
>>681
プロジェクトXを思い出すね。
M$よりも亜米利加に憎悪の嵐が。

683 :名無しさん:04/04/26 18:20
 

684 :名無しさん:04/04/26 19:20
>>681
正直、Tron使っていればコンピュータの新化に惑わされずに済んだかも。
学校にあるマシンがいまだにWin3.1稼動中とかってあるのかな?
FM-TOWNSとかあったらマジで凄い。

685 :名無しさん:04/04/26 23:12
うーん、「進化に惑わされない」って事は、学生さんにずっと古い物を教える事になっちゃうし。
役に立たない事を教えられてもね。
俺、高校の実習でパンチカードでFORTRANやったけど、何の役にも立たなかったと思ってる。
今から18年位前。

686 :名無しさん:04/04/27 01:36
>>684
今時最低Webとメールは使えないと話にならないし、
教育用のPCでWin3.1はなかろ
そう言えばむかしTrumpetとか使ってたなぁ

687 :名無しさん:04/04/27 09:24
Trumpetって何ですか?
死語辞典スレなので是非執筆よろしく。

688 :名無しさん:04/04/27 15:24
>>685
パンチでフォートランは応用する機会が無くても考えそのものは役に立つ
と言って見る。

689 :名無しさん:04/04/27 16:39
TrumpetってWin3.1用のTCP/IP関係のドライバセット品だったっけ?

690 :名無しさん:04/04/27 16:50
>>688
フォートランやっていたのでBASICには入りやすかった。
慣れすぎてCその他に乗り換え損なってしまったが。。。

691 :名無しさん:04/04/27 16:54
>>686-687,>>689
前者はともかく後者を見ると死語はちょっとという気もしてしまうが、

http://3web.ne.jp/threeweb/faq/s-connect.htm
(Windows3.1のところ)
http://www.trumpet.com.au/winsock/winsoc5.html

692 :691:04/04/27 16:55
これも入れようと思ったが忘れた。
http://www.naoe.hiroshima-u.ac.jp/staffs/hirata/pc-tcpip/winsock.htm

693 :名無しさん:04/04/28 15:08
>>686
ハイカラー表示できるかは別として、
Win3.1でもIE5系使えるはずだから、思っているより困らん気がする。

入門書が、ちょっとした時点並に厚いけど、手動部分多いだけで、
操作感はセーフモードで動かしてる今の窓に近い気がする。


694 :名無しさん:04/04/28 19:42
問題はそれぐらいのOSに適したマシンであることで、
するてえと最近のソフトは動いたとしても重かったり遅かったり止まったり。
あと教育用だと、今一般的なものでもなく、類推が聞きにくいシステムで学ばせるのが
どんなもんかって問題もあるけど、この話そろそろスレ違いだな、ごめん。

695 :名無しさん:04/04/29 22:41
>>690
漏れは学校の実習のときくらいしかプログラム作成したこと無いので何とも言えんが
C言語って普段使わないキーボードのキーを使うことが多いような気がして入力しにくかった。
実習以外でやったことがあるのはBASICくらいなもんだけど。

696 :名無しさん:04/04/30 13:34
普段使わないキーって、どれの事だろう。
確かに文章入力とは違う気もするけど、
そんなに特殊なキーを使うかなぁ…。
中括弧は大括弧のシフトだし。アンダースコアかな。

697 :名無しさん:04/05/01 01:16
ふつーに ; { } のことなんじゃないの多分…

698 :名無しさん:04/05/01 02:00
AT互換キーボードの場合、テンキーに「=」が無いので最初は戸惑ったことはある。

699 :名無しさん:04/05/01 08:15
~~~
一般の人はチルト出せないと思う(キー標示と位置が一致していないし)

700 :名無しさん:04/05/01 13:44
>>699
冷蔵室かよ。
tildeな。カナ表記ならチルダかな。

701 :名無しさん:04/05/01 14:12
>>699
会社の姉ちゃんが「〜」を出せなくて困っていた。
半角にするとなんで「~」と上付きになるか文句垂れていた。

702 :名無しさん:04/05/01 15:04
http://www.asahi-net.or.jp/~ki4s-nkmr/
こんなふうに、個人のホームページにはよくあるよね
自分はチルダじゃなくて、「にょろ」って読んでる


703 :名無しさん:04/05/02 00:42
”にょろ”じゃなかったのか?

704 :名無しさん:04/05/02 01:48
記号の読み方はいろいろだからね。

例えば
ttp://home.impress.co.jp/magazine/dosvpr/q-a/9905/qa9905_2.htm

705 :名無しさん:04/05/02 04:58
変わったのだと、「!」を「バット」、「@」を「伊達巻」というのは聞いた事がある。

「#」は、楽譜でもないのに「シャープ」と呼ばれるのには違和感があるかな。
JIS X 0208的には区別されてる。
2区84点の「♯」が、音楽記号のシャープ。
1区84点の「#」が、全角版の「#」。

706 :名無しさん:04/05/02 10:45
そう言えば「.」を「ピリオド」と言う言い方もすっかり「ドット」に押されて言わなくなったな。
アメリカでは「period」は元々文法用語で普通は「dot」を使う、と言うことから来てるらしいんだが…


707 :名無しさん:04/05/02 11:24
>>706
あ、そういう理由なんだ。
単純に語呂がいいからかと思ってた。
ほにゃらかドットえぬいードットじぇーぴーの方がリズム良く言える感じ。


708 :名無しさん:04/05/02 11:55
urlを言うときはピリという人もいたな

709 :名無しさん:04/05/02 19:02
ドットというのにさからって「てん」っていったら流石にハァ?された。

710 :名無しさん:04/05/02 19:10
INTERCALというパロディ(?)言語があって、そこでは「#」は「メッシュ」。
で、「=」は「ハーフメッシュ」と。

711 :名無しさん:04/05/03 01:41
「てんこてんじぇーぴー」って死語なのかな。
今でも心の中でこういいながらアドレス打ち込んでるんだけど

712 :名無しさん:04/05/03 07:52
>>711
なんとなく同意。つい口ずさんでしまう。
今でもこの歌でCMやってなかったっけ?

713 :名無しさん:04/05/03 08:18
カンマ セミコロン コロン ダブルコーテーションも死語?


714 :名無しさん:04/05/03 10:30
>>713
で、どうよんでいると?

715 :名無しさん:04/05/03 13:52
>>711
いちいち「.」は呼称省略しても分かりそうなもんだけどね。
ヨドバシカメラのCMのヨドバシ シーオー ジェイピー
みたいに。

716 :名無しさん:04/05/05 17:53
>>713
なぜ記号の呼称が死語になってると思うのか、そっちに興味がある。

717 :名無しさん:04/05/05 20:57
DOSの頃はこれらの記号を死ぬほど使っていたのに、
いまやめったに入力する機会がない、っていうことなのかな?

死語とはちょっと意味合いが違うと思う。

718 :名無しさん:04/05/05 23:35
うーん、DOSとWinで違うかなぁ…。
コマンドラインを打たなくなれば、それだけ文字一般を打たなくはなるけどさ。
だからって死語ってのも乱暴だし。
やはり謎だ。

719 :名無しさん:04/05/06 07:45
パソコンとはちょっと違うけど。
DK'96こと伊達京子。覚えてる人いるかな?

720 :名無しさん:04/05/06 12:50
>>719
伊達杏子だったと思う。
テライユキに押された感が…(謎?)

721 :名無しさん:04/05/07 14:55
レイブレイ子も忘れないで。・゚・(ノД`)・゚・。

722 :名無しさん:04/05/08 04:29
>>721
どっかで聞いた事あるんだけど、何だったのか思い出せない。
ギガバイ子ちゃんなら知ってるんだけど。

723 :名無しさん:04/05/08 16:31
グラフィックボードのVooDooも死語かな


724 :名無しさん:04/05/08 20:12
VooDooの熱い歴史は、スレ前半をご覧下さい。

725 :名無しさん:04/05/08 23:36
なら、SB互換

726 :名無しさん:04/05/09 09:59
>>725
動作保証の表記とかで見かけるような。

727 :名無しさん:04/05/09 11:20
しかし、Creativeってしぶとく生きているのがすごい

728 :名無しさん:04/05/09 22:14
>>723
VooDooBansheeなら漏れのPC-9821で活躍中ですが…。
3DfXはチップ外販をやめた時点でケチがついたのだ。おのれ…。

>>726
ゲームなどで昔は「SB16互換必須」とかかいてあってけっこう藁った。

184 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)